貴方に贈る世界の最後に

ノベルバユーザー175298

元の世界のお話



 これは、如月悠が元の世界から去ってからのお話。

 《ランキング》が出来た世界で二番目に1位を獲得した、そんな人間のお話。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 突如、俺が住んでいる世界が変わった。
 変なルールが出来て、俺の平和だった日常が変化した。

 大切な人が変わった...変わってしまった。


 俺、龍堂 凪りゅうどう なぎは、考えていた。

 なぜこんな世界になったんだ?
 だけど、答えは出てこない。

 このどうしようもない気持ちは、どこにぶつければいい...


 だから俺は、神の言っていた事を馬鹿正直に信じて、1位を目指そうとした。
 だけどそれは叶わなかった。


 なぜなら、


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 ・《ランキング》
      


     1位(50憶人中)
   
 
     《備考》

 あなたは『馬鹿』で1位を取りました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こうなっていたからだ。

 おい、ちょっとまて。
 俺が世界一、馬鹿だって言うのか?

 神様に文句を言いたくなってきた。

 だけどそんな事も言ってられない。世界の変化は、可笑しい方向に動いている。

 《ランキング》で1位を獲得した者には何でも叶えてくれる。そんな事を神に言われてから一年がたった。

 だけど、世界は何も《・・》変わらなかった。だから可笑しい。
 何でも叶えてくれる願いを叶えた誰かは、何もしなかったんだろうか?それとも、もう世界は変わったんだろうか?

 俺には分からない。
 俺は馬鹿だから分からないけど...もし、その誰かがこの世界を変えたなら...




 俺は、そいつを許さない。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 そのまま一年が経過する。
 どうしようもない思いを抱きながら。

 そして、その時が来る。
 足元に変な模様が出て来てあの部屋にまた飛ばされる。

 それと同時に覚悟を決める。

 俺、龍堂凪は、世界を変えた奴を倒す。
 大切な人を取り戻すために...



 見覚えのある部屋に気が付いたら居た。

 そして、前回にもあった神様に会う。
 あまりにも美しい神。

 この世界の誰よりも美しいだろう。
 だけど今は...

 「また、お会いしましたね。凪さん。待っていましたよ」

 可愛らしい笑顔と、透き通るような声が聞こえる。

 「神様。俺がここに来られたからには、願いを叶えてくれるんですよね」

 「はい。どんなものでも1つだけ」

 俺が願うもの、それはただ1つ。

 この変わってしまった世界を俺が止める。
 大切な人をこの手で守る。

 「この世界を変えた奴の元へ行かせてくれ」

 「ふふっ、そうですか。そうですか」

 面白そうに笑うその女神は、何かを知っているような含みのある笑いをしていた。

 「俺を馬鹿にしてるのか?」

 「いえ、そんな事はありませんよ。ただ、運命ってあるんだなと思っただけです」

 運命?よく分からない事を言っているが、今は俺の願いが先だ。

 「それで、俺の願いは叶えてくれるのか?」

 「はい。勿論です。...そうですね...」

 「まだ、何かあるのか?」

 「はい。今から貴方の行く事になる世界は危険なんですよ。普通の人間ではすぐに死んでしまうでしょう」

 「は?ならどうすればいいんだ?」

 せっかく願いを叶えても死んでしまっては意味がない。
 俺の目的が達成できない。

 「では、龍堂凪さん。貴方には特別に能力をあげましょう。貴方が思う最強の能力をあげましょう」

 最強の能力か...

 「それは、どんなものでもいいのか?」

 「はい。でも、一度決めたらもうやり直すことは出来ませんから、慎重に選んでくださいね」

 どんなものでもいいのか...それなら俺は...俺が思う最強の能力は...

 「『何でも出来る能力』だ」

 そう言った瞬間に神様の目が大きく見開かれる。

 「どんなものでもいいんだろ」

 「...ふふっ。ふふふ。貴方は、本当に馬鹿ですね。普通の人ではそんな事を考えないのに...でも、面白いですね」

 「そうだろ、俺は他の奴等とは違う頭の良さを持ってるからな」

 俺は実は、天才だからな。

 「馬鹿と天才は紙一重とはよく言ったものですね。いいでしょう。私は、龍堂凪の願いを叶えます」

 「ありがと、神様」

 「はい。それでは、後悔の無いように生きてくださいね。私は運命は変えられるものだと信じていますよ」

 足元にはさっきとは違う変な模様が出て来る。
 その光がどんどん増していく。

 そんな状況の中、俺は考える。

 俺。龍堂凪は、世界を戻す・・事を目的に行動する。
 変わってしまった世界を戻す。

 誰かがこの世界を変える前に戻ってそれを止める。

 俺が全てをあるべき姿に戻す。

 そう決意して、目の前が光で埋め尽くされる。


 ...さぁ、新しい旅の始まりだ。


「貴方に贈る世界の最後に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く