貴方に贈る世界の最後に

ノベルバユーザー175298

第23話 異世界の住人


 王都のギルドマスター。
 あの爺さんは、世界最強レベルの実力者みたいだ。

 この世界の実力者に、俺は負けた。油断していたとはいえ、負けた。あの時爺さんが俺を殺そうとすれば簡単に出来た筈だ。

 それをしなかったのは、爺さん自身が、関係ない人を巻き込みたくないと思っていたからだろう。

 まぁ、それより今は、ノアの状態が気になる。
 吸血鬼の能力で怪我は直ぐ治るはずなのに、まだ目を覚ましていない。

 それなら、多分。何かの能力の影響だろう。
 俺みたいに、使ったら動けない能力。

 森の中でノアにステータスを見せて貰った事があったが、多分。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 -真相:吸血鬼-
 任意発動。最後に血を吸った者のステータスを自分のステータスにプラスする。発動から10秒後動けなくなる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 このスキルの影響だろう。

 だけど、このスキルの怖いところは、10秒後動けなくなるとしか説明が無いことだ。

 いつまで動けなくなるのかが分からない。
 もしかしたら、もう二度と動けなくなる可能性だってある。

 それなのに、ノアはこのスキルを使った...

 倒れている俺を守るために。
 このスキルを使うのにどれだけの覚悟をしたんだ?
 もう、動けなくなってもいいと思ったのか?

 それで助けられた、俺はどうすればいいんだ?
 ノアにどんな顔して会えばいいんだ?


 目の前の少女が、もう目を覚まさないかもしれないと思うと、気が狂いそうだ。
 そんな時。

 目が開いて、血のような真っ赤な目が現れる。

 「ノア、良かった。もう目を覚まさないんじゃないかと...」

 たけど、様子が変だ。
 いつも笑顔で喋りかけてくる少女の姿ではない。

 ただ、目だけ《・・》が動いている。

 「...ノア、もしかして...」

 ずっとこのまま...動けない?

 何を言っても、反応してくれない。
 いつものような笑顔が見たい...


 でも、こんな事になったのは、俺のせいだ。
 俺が倒れたから...

 「ノア、ごめん。俺のせいでこんな事になった、俺がもっとしっかりしてれば...」

 そんな事を言った時。
 目の前の少女は、泣いていた。
 涙を流していた...

 「どうして、泣いてるんだ...」

 答えは返ってこない。
 ただ、涙が流れるだけ...

 そして、1つだけ思う。

 「もう、俺は一緒にいない方がいいのか?」

 と、そんな事を...言った。

 「俺と一緒に居て、大変なことばかりだっただろう?なら、俺は...」


    パチン

 自分の頬を叩かれる感覚があった。
 感覚がした方に目を向けると、アイリスがいた。
 そして、アイリスも泣いていた。

 「ユウさん、もっとノアさんの事を考えてあげてください!!ノアさんは、貴方の為に戦ったんですよ!!今、貴方がノアさんにかけてあげるべき言葉があるでしょう!!」

 そうアイリスに言われてから気付く。

 あぁ、俺は何をやってたんだ...
 何でこんな事に気が付かなかったんだろう。

 二人で助け合うって決めたじゃないか...

 「ノア...助けてくれてありがとう。それと、気付いてあげられなくてごめん。今度は、二人で一緒に戦おう。約束だ」

 俺はノアの手を持ち上げ、小指をつなぐ。

 そして、指切りをした。


 ノアの顔がいつものように笑っているように見えた。

 そして、今までの認識を改める。
 ノアは、助けるだけの対象ではなく、一緒に誰かを守るパートナーだと。


 ノアが動けるようになったら、もう一度伝えよう。

 本当のパートナーとして。
 一緒に戦う仲間として。
 もう一度...


「貴方に贈る世界の最後に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く