えっ!?俺運命変えちゃった?~十三番目の円卓の騎士~

ノベルバユーザー150902

プロローグ

「俺は死んだのか?」

 車に轢かれそうな子供を助け意識を落とした俺が次に目を覚ましたのはこの世では見たことがないような花が広がっている謎の空間であった。

「そうだよ織田一君」

 真っ白いローブを身に纏った白髪の男が俺の前に立っていた。

「あんた俺の名前知ってるのか?」
「もちろん君のことは何だって知っているよそれで君に相談があるんだけど君は人生を別の世界でやり直す気はないかな?」
「別の世界で人生をやり直す??もし断ったらどうなるんですか?」
「断ったら元いた世界で生まれ変わるけど断らなかったら君の大好きなファンタジー世界で生きることが出来るさぁどうする?」

 この突拍子もない提案に対し俺の答えは既に決まっていた。

「もちろんその提案に乗りますよ」

 白髪の男が差し出した手を掴み答えた。

         ・
         ・
         ・

 一人花畑に取り残された白髪の男は遙か彼方を見ると

「僕の手で狂ってしまった彼女の運命をどうか変えておくれ」

 その声はどこか悲しげであったのを俺は知る由もなかった。




「この魔力は一体?」
「どうしたマーリン」

 駄々っ広い荒野を馬で駆け抜けていたブリテン王ウーサー=ペンドラゴンは宮廷魔術師であるマーリンの異変を感じ取った。

「いえ我が王よお気になさらずそれよりも急がないと暴君が来ます」
「わかっておるわしとマーリンが囮になるエクターよこの子を頼んだぞ」

 そして王の右腕しても名高い騎士サー=エクターの手に生まれたばかりの子供がたくされた。

「きっとこの子がブリテン国の希望になるじゃろ」

 これがのちの世界に名を馳せる騎士王アーサー=ペンドラゴンと父ウーサーとの最後の別れである。


「えっ!?俺運命変えちゃった?~十三番目の円卓の騎士~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く