努力しても平均的だった俺が異世界召喚された結果

沖 那紗加

五十話 妹と姉はスキルレベル最大持ちだった(改稿します)

さて、まずは靉麗のステータス紹介をしようと思う。

山田 靉麗

Lv.1

HP2000
MP1000
STR700
DEF1000
AGI500

スキル
言語理解 Lv.1(0/10)
ステータス鑑定 Lv.1(0/10)
火属性魔法 Lv.3(0/30) ファイアボール
ファイアボール ファイアバレット
水属性魔法 Lv.3(0/30) ウォーターボール
ウォーターウォール ウォーターバレット
木属性魔法 Lv.3(0/30) ウッドボール
ウッドウォール ウッドバレット
風属性魔法 Lv.3(0/30) ウィンドボール
ウィンドウォール サンドバレット
土属性魔法 Lv.3(0/30) サンドボール
サンドウォール サンドバレット
闇属性魔法 Lv.3(0/30) ダークボール
ダークウォール ダークバレット
光属性魔法 Lv.3(0/30) ライトボール
ライトウォール ライトバレット
収納魔法 Lv.1(0/10)
空間魔法 Lv.1(0/10) 短距離転移

見てわかる通り超魔法特化型です、はい。
そう言えば靉麗のスキルを見ていて思い出したのだが、俺のスキルはいつの間にか全てLv.10(レベル最大)になっており、その際にその他が一部変更された。それに関しての説明は霧月姉のステータスを見てからにしようと思う。

話を戻そう。今のところ靉麗のステータス的には勇者でない可能性が高い。スキルは結構凄いんだがな。まあ答えはその他にあるので、続きを見ていこう。

その他

並列詠唱 Lv.1
(召喚時)
魔法を同時にx個(x=並列詠唱のレベル+5個)
発動することが出来る。

魔力回復量増加 Lv.1
(召喚時)
魔力の回復量(自然回復、ポーションなど)を
x倍(x=魔力回復量増加のレベル+1)する。

精霊の加護 
(召喚時)
全ステータス上昇、属性魔法威力超上昇。
物理攻撃、魔法攻撃軽減効果付き結界を周囲1mに任意で展開する。

天からの贈り物 Lv.1
(召喚時)
1日x回(x=天からの贈り物のレベル)ランダムで何かを貰うことが出来る。
協会が近くにある場合、運が良くなる。

兄への愛 Lv.10(最大)
(3歳の時に入手)
愛している兄が近くにいるとき、全ステータス超上昇。更にスキル、その他の効果も超上昇。


数こそ少ないが、最後の2つ以外魔法に関係する能力で読んだ限りではかなり強力そうに思える。
そして最も気になるのは最後の2つだ。なんだよ天からの贈り物って、しかもランダムでなにか貰えるってめっちゃ気になるじゃん。

それに兄への愛ってすごい嬉しいな。3歳の時から、俺に懐いてくれていたってことだよな。靉麗可愛いなー。お兄ちゃん嬉しいよ!

話を戻そう。
靉麗は思った通り勇者の特権はないようだ。
そして靉麗も自分のその他の欄に勇者の特権がないことに気づき、悲しそうな顔をしながら俺の方に来た。


「にぃ、私勇者じゃなかった...」

「大丈夫だ、あんまり気にするな。俺も勇者じゃないから」

俺は出来るだけ穏やかな声でそう言って靉麗の頭を優しく撫でる。すると靉麗はうん分かったと言って泣きそうな顔を、出来るだけいつもの顔に戻して、俺の足の上に座った。
なので俺は頭を優しくポンポンする。

今までの様子を聞いて、なんか言動子供じゃね?と思った方がいるかも知れないが靉麗は中学一年生だ、こんなものだろう。
というかこうでなくては困る(兄離れされるのが嫌なだけ)。
さて、次は霧月姉(20歳)のステータスだ。


「私の番ね!私は勇者確定だね!」

霧月姉はすごくテンションが高いご様子だ。
霧月姉は異世界ファンタジー系が好きなのだろうか?

山田 霧月

Lv.1

HP 10000
MP 2000
STR 2000
DEF 1500
AGI 5000

スキル

言語理解 Lv.3(0/30)
ステータス鑑定 Lv.3(0/30)
伝授 Lv.3(0/30)
魔力感知 Lv.3(0/30)
隠密 Lv.3(0/30)
身体強化 Lv.1(0/10)
火属性魔法 Lv.1(0/10) ファイアボール
水属性魔法 Lv.1(0/10) ウォーターボール
木属性魔法 Lv.1(0/10) ウッドボール

その他

千里眼 Lv.1
(召喚時)
遠くのものを見ることができる。

精神感応 Lv.1
(召喚時)
使用者が選択した他人の心に直接話しかけることができ、使用された側も使用者に話しかけることが出来る。

空間把握 Lv.1
(召喚時)
自分がいる場所から半径10m以内の全ての建造物、生物の場所を把握する。

勇者の特権
(召喚時)
レベルアップに必要な経験値が半分になる。

弟への愛 Lv.10(最大)
(4歳の時に入手)
愛している弟が近くにいる時、ステータスが超上昇。更にスキル、その他の効果も超上昇。

???
???????

???
???????

俺は霧月姉のステータスを見て初めに思ったことが、勇者とは思えないだ。
ステータスは召喚当初の俺よりは余裕で高いが戦闘系スキルがどうも少ないのだ。
だが、しっかりと勇者の特権がある。ということは勇者で確定なのだ。スキルやその他からすれば、情報収集に特化している。

つまり、勇者のひとりは前衛で暴れる役で、もう1人の勇者は情報を集めて、精神感応で情報を前衛の勇者に伝える役って感じか?
まあそれを考えるのは勇者達本人なので、俺が考えても無駄なのだが。

他に何かいうことがあるとすれば、あえて残しておいた???だ。これは何なのだろうか?すごく気になるんだけど。


「霧月姉、この???って何?」

「なんか、まだ覚醒してないみたいな感じだって!」

相変わらずのテンションだな。まあそれはいつもの事なので置いといて、まだ覚醒していないということはいつか使えるようになるのだろうか?
どんなのが使えるようになるのか自分の事ではないがすごい楽しみだな。

そして、靉麗にも同じようなものがあった、弟への愛というのがある。
ありがとうございます。まあ靉麗の方が嬉しかったけど、霧月姉に愛されているというのもまあまあ嬉しいものだな。
そして何故か妹への愛というスキルがない。
妹を愛していないというのか?
そう言えば妹にも姉への愛というのが無かったな。まあそれについては考えてもわからないだろうから気にしないでおこう。


そして俺はステータスの確認が終わったので、時間が経って冷めてしまった朝食をやっと食べ始めたのだった───。



「努力しても平均的だった俺が異世界召喚された結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く