努力しても平均的だった俺が異世界召喚された結果

沖 那紗加

二十九話 俺のステータスは案外誤魔化せそうだった

レイアの反応がよかったので、納得してくれたのかなと安心したのも束の間、一番つかれたくないところを質問される。

「高いのは高いんですけど、このステータスであのスピードって出るものなんですか?」

このステータスであのスピードが出るかと聞かれても、俺はこのステータスになったことがないからわからない。まあ、出るということにしておけば誤魔化せるだろう。

「ああ、身体強化を使えばな」

念のために身体強化という逃げ道も作っておく。これで完璧だ、と思っているとレイアがエリスのステータスを見せてもらっていた。
その様子を見て、これはやばいんじゃないか?と思い始める。もしエリスが俺の隠蔽後のステータスと同じぐらいのAGIがあるとして、俺のあのスピードが出るのか試されたら終わりだ。俺はエリスのステータスが低いことを祈る。

「リョウタさん...」

レイアはいつの間にか、エリスのギルドカードから俺へと視線を移していた。
俺は出来るだけいつも通り返事を返す。

「なんだ?」

「エリスさんのステータスを見せてもらっていただいたのですけど…」

これは...どっちだ?アウトか?セーフか?

「リョウタさんのステータスは、エリスさんのステータスをすべて上回ってました!」

「まじか!?」

正直、俺はエリスにステータス負けてると思っていた。フラグも立てたし、前の見た時のステータスも高かったし。それでも俺が勝っていた。俺、運いいかも?
なぜステータスを上回っていて欲しかったかと言うと、ステータスを上回るということは、俺と同じぐらいのステータスで実験することが出来ないからだ。
これは誤魔化せるだろ。面倒事を避けれてよかった。


俺は嬉しすぎて机のご飯にかぶりついたのだった───。

「努力しても平均的だった俺が異世界召喚された結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く