努力しても平均的だった俺が異世界召喚された結果

沖 那紗加

十一話 レイアはドジっ子だった

俺はギルド長に連れられて、ギルド長室に来ていた。

「王女様、リョウタ殿をお連れしました」

聞いて分かる通り、レイアは俺だけを呼んだらしい。
なので、エリスはお留守番だ。

「どうぞ、お入りください」

中から、少し懐かしい声が聞こえた。もちろんレイアの声だ。

俺は失礼します、と言って部屋の中へ入る。ギルド長は中に入らないらしく、外で待機するそうだ。

中に入ると、レイアが椅子から立ち上がり、ぺこりと一礼する。

「お久しぶりです、リョウタさん」

「久しぶり、レイア」

再開の挨拶を終えて、俺は小さくため息をつく。

「どうかしましたか?ため息なんてついて」

「レイアが冒険者ギルドに来たからだよ」

俺がそう言うと、レイアがあからさまに表情を変えた。

「わたくし、冒険者ギルドに来てはいけませんでしたか!?すみません」

レイアは、頭をペコペコ下げた。
だが、そういう意味で言った訳では無いんだけどな。

「いや、来てもいいんだけど...」

「けど?」

「目立たないようにしてほしい」

「あ、なるほど!」

レイアは手をぽんと合わせて、納得した素振りを見せた。
わかってくれて何よりだ。

さて、そんなことよりも本題に移ろう。

「レイアは何をしに来たんだ?」

「実はですね...特に用事はないんですよ」

「え?」

予想外の返事に思わず素っ頓狂な声を出してしまった。

俺はさっき出した声を誤魔化すかのように、コホンと咳をする。

「本当に何も無いのか?」

「はい、ただ様子を見に来ただけです」

本当に何がしたいんだ?レイアは決して暇ではないだろうに。

「まあ、見に来ただけの方が俺からしたら嬉しいけど...」

俺はレイアに聞こえないようにそう呟いた。
これは、面倒事を持ってこられるより全然いいという意味だ。

そう言えば、レイアは見に来たと言っていたが、これからどうするのだろうか。

「レイア、この後はもう帰るのか?」

「いえ、リョウタさんの依頼を受けているところを見る予定です」

「え?」

聞き間違えだろうか、俺が依頼を受けているところを見ると聞こえた気がした。

「もう1回言ってくれないか?」

「リョウタさんの依頼について行きます」

聞き間違えじゃなかったのか...。
と言うか、王女がギルドの依頼についてきて大丈夫なのだろうか?

「依頼に付いてくるって危険じゃないのか?」

一番の心配はこれだ。王女に傷が付いてしまったら、何があるかわからない。はっきり言ってしまうのなら、処罰を受けなければならないかもしれない。

だが、レイアはついてくる気満々なのか、王女なのに剣を携えたり、防具を着始めている。

レイアの服装が、城にいた時と違ってとても軽そうだったのは、俺についてくる為だったのか...。
俺はまたしてもため息をつく。

すると、レイアは準備を終えたのか、俺のほうに視線を移してきた。

「一緒に行っていいですよね?」

正直、今更聞かれたところで断れない。もう準備終わってるし。
たぶん、レイアはわかっていて聞いてきている。仕方が無いか。

「分かった、一緒に行こう。その代わり、パーティーメンバーも一緒だがいいか?」

「もうパーティー登録したんですか。全然構いませんよ」

「それともう一つ、護衛はちゃんといるよな?」

俺の質問を聞いたレイアは首を傾げた。俺はそこで嫌な予感がした。
まさか、レイアがドジっ子なわけが無い。それに予感は予感だ。

俺は予感で終わることに希望を持ちながら、レイアをじっと見る。
すると、レイアは俺から視線をずらしながらこう言った。

「忘れてました、てへっ!」

「忘れてましたじゃねぇわ!」

俺のツッコミの声はかなり大きかったのか、ギルド長が扉をかなり勢いよく開けて入ってきた。

「な、何事ですか!王女様、大丈夫ですか!?」

レイアはギルド長の焦り具合に若干引きつつも、冷静に大丈夫です、と返事を返していた。

その返事を聞いたギルド長は安堵の息をつき、深呼吸を始めた。
心を落ち着かせるためだろう。

何度か深呼吸した後、普段のギルド長顔に戻った。

「それで、何かありましたでしょうか?」

「いえ、大丈夫ですよ」

「そうですか。お話は終えましたでしょうか?」

「はい、終わりましたよね?」

レイアは、俺をじっと見つめて、はい以外言わせないようにしてきている。王女様意外と汚いな。

「終わりました...」

「そうですか。王女様、この後はどういうご予定で...」

「この後は、リョウタさんについて行く予定です」

「そうですか」

そう言ってギルド長は部屋を出ていった。ここギルド長の部屋なんだけどな。

「さて、俺達もそろそろ外に出るか」

「そうですね。でも、どうやって出ましょう?」

「どうやってとは?」

「ギルドの人達に見られたら目立ちますよ?」

ああ、なるほど。ちゃんと考えてくれてるんだな。まあ、エリスに頼んで人避けをしてもらうか。

「取り敢えず、一旦外に出ますね。
無事にギルドから出れるように準備するんで」

「はい。ありがとうございます」

レイアはニコッと笑って、頭をぺこりと下げた。

笑顔を見せれば誤魔化せる訳では無いぞ、とツッコもうとしたが、レイアの笑顔なら、大体のことがなんとかなりそうなのでやめておいた。


そして俺は、本当に面倒なことになったな、と大きくため息をつくのであった───。

「努力しても平均的だった俺が異世界召喚された結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く