努力しても平均的だった俺が異世界召喚された結果

沖 那紗加

九話 俺のステータス増加量は異常だった

俺は地面に座り込んだ後、すぐにステータスを確認する。

理由は簡単、レベルが上がって元々異常だったステータスがどうなったのか気になるからだ。

俺はもう驚かないぞ、と思いながら『ステータス』と呟く。
だが、俺はステータスを確認して固まった。

山田 涼太

Lv.52

HP 202060.5
MP 199326.5
STR 199826.5
DEF 199726.5
AGI 199326.5

全てのステータスが9倍近く上がっていたのだ。
それにキマイラと戦う前はレベルが7だったのに、レベルが52になっている。

俺はバグかな?と思い一度ステータス画面を閉じてから、もう一度『ステータス』と呟いた。

山田 涼太

Lv.52

HP 20206.5
MP 199326.5
STR 199826.5
DEF 199726.5
AGI 199326.5

やはり数字は何も変わらない。
つまりバグではないということだ。俺の思考は停止し、全く動けなくなった。

5分程して、エリスが全く動かない俺を不思議に思ったのか、声をかけてきた。

「リョウタ、どうしたの?口を開けたまま全く動かないけど」

全く気づかなかったが俺は口を開けていたようだ。
でも、これは仕方が無いと思う。

自分のレベルがキマイラと戦っただけで52になり、ステータスも全て9倍になっている。驚かない要素がないだろう。

「...俺のステータスを見てちょっとよく分からなくなっただけだ」

「どういう意味?」

「俺の戦う前のLv.7だっただろ?」

「うん、そだね」

「それが52になったんだ」

「へー、凄いね」

エリスは特に驚いくことなく返事を返してきた。俺は逆に驚いた。

レベルが52にもなっているのに全く驚く素振りを見せない。
それどころか、普通だよ?みたいな顔で俺を見ているのだ。

「なんで驚かないんだ?変じゃないのか?」

「全く変じゃないよ。まずキマイラの討伐はBランク冒険者が5人で受けるものでしょ?」

「ああ、そうだな」

「Bランク冒険者は大体Lv.30位の人たちが多いのよ」

「そうなのか」

それは知らなかったな。ということは、今の俺のレベルはBランク冒険者を超えているのか。

「と言うことは適正ランクは30以上で、更に言えば5人以上で挑むのが普通。それも一体に」

「そうだな」

「そんな強敵をLv.7の人が1人で倒したらどうなると思う?」

「どうなるんだ?」

俺は頭があまり良くないのでエリスの言いたいことはいまいち分からなかった。
と言うよりも、ただ頭を働かせたくないだけだが。
エリスはそんな俺に呆れながら話を続ける。


「たくさん経験値が貰えるのよ」

「まあ、そうだな」

「一応聞いておくけど、経験値はパーティーで均等に分配されるのは知ってるよね?」

「ああ、それは知ってる」

どういう仕組みなのか気になってたしな。だが、どの本にも書いていなかったので、仕組みを知るのは諦めた。そんなことよりもエリスの話を聞こう。

「じゃあ、その説明は省くね。
普段はレベルが30代で、さらには5人のパーティーが1体倒しただけで5人全員のレベルが1以上確実に上がるのよ。それをLv.7のほとんどレベルが上がっていない人が私と合わせて20体倒したら、いくら経験値が半分になってるからとはいえ、Lv.52位なら余裕で行くでしょ?」

「ま、まあ、そうだな」

俺はそこで納得した。どういう事か例を使って簡単に説明すると、ゲームを始めたばかりで最難関のダンジョンに突入して勝てばランクは一気に上がるだろ?という事だ。

まあ、そんなこと出来るのはゲームではチートか課金しているかだが。俺がそんなことを考えていると、エリスが付け足すようにまた話し始めた。

「私ですらレベルが10上がったよ」

「結構上がったんだな」

「うん、そうなの。リョウタのおかげだね」

「そうなのか」

そうだ、普通の人のステータス増加量を知れるいいチャンスだし、エリスのステータスを見せてもらおう。

「なあエリス、ステータス見せてくれないか?」

「ん?いいけど」

エリス冒険者カードを取り出して、俺に渡してくれた。

確かエリスはレベルが10上がったと言っていたので、増えた量を10で割ったらレベルが1上がる時のステータス増加量が分かるだろう。
早速エリスのステータスを見よう。

エリス・フレイア

Lv.61

HP 37000
MP 3300
STR 14000
DEF 10000
AGI 7500

エリスのステータスは前と比べてみるとHPが2000、MPが100、STRが2000、DEFが2000、AGIが1500増えていた。
MPの増加量が少し少ないな。

「エリス、MPがあまり増えてないけど、これって普通なのか?」

「ん?平均より少し少ないかな」

100が平均より少し少ないなら、平均は200ぐらいかな?
MPはあまり増えないんだな。
それと、MPの増加量が平均以下ということは、エリスは物理攻撃専門だろう。

まあそれは置いておいて、エリスのステータス増加量を見て、俺は自分のステータスの増加量が異常だと改めて認識した。

俺が自分の異常さを再認識した瞬間、エリスがステータスを見せてと言ってきた。

だが、流石にこのステータスを見せるわけにはいかない。
俺のステータスはどう考えてもおかしい。こんなステータスを見せたらどうなるか分からない。

人間は強いものを怖がり、それを排除しようとする。
ならば俺がこの異常なステータスを見せて、エリスが誰かに言えば、俺を排除しに来る可能性もある。

俺は人間同士で争うような無意味な事はしたくない。
エリスは仲間だし、信頼もしている。

だが、エリスは仲間である前に人間である。さっきもいったが人間なら自分よりはるかに強い存在を排除しようとする。

俺は悩んだ末、今は見せないことにした。もう少し仲を深め、もっと信頼できるようになってから見せることにしようと思う。

そうと決まればどう誤魔化すかだ。俺は結局適当な言い訳をすることにした。

「今はちょっと魔力を流すのさえ嫌なぐらいだるいから、今は見せられない」

「そうなんだ、残念。というか、魔力を流すのがだるいってさっき自分で見た時流したんじゃないの?」

「いや、それはスキルで見た」

「へー、鑑定スキルもちなんだ」

「ああ、そうなんだ」

俺は取り敢えず今は凌げたな、安心する。

しばらく休憩した後、俺達は階段を登り、外へ出た。
外は日が沈みかけていて、空が紅色に染まっている。

俺はかなり長い時間遺跡に入ってたんだなー、と思った。

俺がそんなことを思っている間に、エリスは御者台に座ろうとしていた。
だが、俺は少ししたい事があるので、御者台に座ろうとしているエリスを呼び止める。

「エリス、ちょっと待って」

「ん?なに?」

「俺も御者やってみたい」

俺は生きている間に一度は御者やってみたいな、と地球にいた時から思っていた。
見た感じすごい楽しそうだしな。

エリスは俺がお願いしてすぐに、凄く楽しそうな顔になった。

「いいわよ、私が手取り足取り教えてあげるから覚悟しなさい」

「ああ、よろしく頼む」

俺はそう言って御者台に座る。
そしてエリスに手取り足取り教えてもらった。

1時間後、やっと馬を走らせることが出来た。そして馬を走らせた瞬間脳内に直接


『スキル 乗馬術 Lv.0を取得しました』

と響いた。
いつも通りLv.0である。

俺は気にせず馬を走らせる。
今回練習無しで馬を走らせなかったのは、念のためである。

いくら努力しなくても平均的にできるといっても、いきなり馬を走らせるのは色々と心配なものがある。例えを言うならば、馬が逃げたり、暴れたりとかだ。

それを避けるために、今回は練習をしたのだ。そして無事走らせることが出来た。
俺は内心走らせれたことに喜びながら、帰路についた。



2時間ほど馬を走らせた頃、あたりが真っ暗になった。
今日は月が雲で隠れており、街灯のないので、この世界を照らすものは何も無い。

俺達はこれ以上走らせては危険だと判断し、野宿することにした。

食事を済ませた後、俺は寝ることにした。今回の見張り番はエリスだ。キマイラ討伐に疲れたのか、俺はすぐに寝ることが出来た。



朝目が覚めて、エリスに声をかける。

「おはよう」

「あ、リョウタ、おはよう」

挨拶を済ませるて椅子に座り、朝食をとる。

朝食を終えたあと、また馬車に乗り、冒険者ギルドを目指す。
今日も俺が御者をする事にした。



3時間ほど馬を走らせると、街が見えてきた。

行く時はあまり気にしていなかったが、街は大きな壁で囲まれており、東西南北4箇所に門が設置されている。そこには大体6人程の門番がいる。

俺は壁を見上げながら門に向かって馬車を走らせた。すると門番が声をかけてきた。

「止まれ、身分証明書の提示を願う」

俺は止まって、冒険者カードを門番に見せる。

「そっちの女性も身分証明書の提示を」

エリスは馬車から顔を出して、冒険者カードを見せた。
そこで、門番はいきなり頭を下げ始めた。

「エリス様とは!すみませんでした」

え?エリス様?どうしたのこの門番。俺がエリスの方を見てどうにかして、と言おうとすると、エリスが慌てて、門番を静止した。

「頭をあげてください、何も思ってませんから!」

門番はありがとうございます、と言いながら頭をあげた。
そしてそのまま門を通してくれた。後で門番のこと聞いておこう。俺はそう思いながら、冒険者ギルドを目指す。

この街の中は馬車を走らせることが可能で、馬車のまま冒険者ギルドの前まで向かえたので、かなり早くついた。

馬車は邪魔にならないように、建物の端っこに寄せておき俺達は冒険者ギルドへと入った。

受付ではいつも通り何人かの受付嬢が慌ただしく動いており、俺はその内の1人を捕まえて依頼達成の報告をする。

「依頼達成の報告に来たんですけど」

「分かりました、少々お待ちください」

そう言った後、受付嬢は俺達にギルドカードの提出を求めてきたので、ギルドカードを渡す。

ギルドカードを見れば何を倒したのかは分かるが、俺は念のため口報告もしておく。

「キマイラ討伐に向かい、キマイラ20体討伐してきました」

「はい?」

俺が事実を言うと、受付嬢は全く信じている様子はなく、なめてるの?みたいな目で俺を見てきた。

「いや、20体討伐してきたんですけど」

「ギルドカードの確認を行いますので少しお待ちください」

受付嬢はそう言ってすぐに視線をギルドカードへと移した。
そして受付嬢はギルドカード見て目を見開いたあと、慌てて受付の奥へと走っていった。

しばらくして、受付嬢が戻ってきた。受付嬢は肩を上下させながら、受付の奥を手で指した。

「ギルド長に報告したところ、リョウタさんとエリス様に直接お会いしたいとの事です」

エリスだけ様呼びなのが不思議だったが俺は気にせずにギルド長に会いに行くことにした。

ギルド長になぜ呼ばれたかはよくわからないが、気にしない。
考えるのは面倒だからな。

だがギルド長に会うことによって面倒事に巻き込まれるなど、この時の俺達は全く思っていなかったのだった───。

「努力しても平均的だった俺が異世界召喚された結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー129225

    いやいやwwステータス変わってるよwww

    0
コメントを書く