話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

従妹に懐かれすぎてる件

きり抹茶

四月三日「従妹とベッド」

「ねぇ、今日は出掛けるんでしょ?」
「あぁ。あと少ししたらな」

 今日も例の如くファミレス会議が予定されている。
 だが今回は彩音の様子が少しおかしかった。

「ゆうにぃ、まだ出ないの?」
「あと一時間ぐらいしたら行くよ……ってか何でそんな嬉しそうなんだ?」

 子犬のように寂しがる(想像したら可愛い)のなら分かるが、何故か俺がいなくなるのを喜んでいるようだ。

 流石に彩音も一人の時間が恋しいわけか……。
 バッグに荷物を詰めながら、そんな事を思った。

「じゃあ行って来るから。留守番よろしく」
「はぁーい! 気をつけてねー!」

 元気に手を振る綾根を横目に、俺は玄関の扉をゆっくりと開けた。


 ◆


 数時間後の夕方。

「ただいまー」
「おかえり、ゆうにぃ!」

 出迎えた彩音はいつにも増して笑顔だった。
 そして何かを俺に言いたくて仕方が無いような顔をしている。

「何かあったのか?」
「むっふふ、今日はゆうにぃにサプライズがありますっ!」

「ほぅ」と溜め息。
 なるほど、出掛ける時やけに嬉しそうな態度をしていたのはこのせいだったのか。

「何とこの度! 新しい寝床を購入いたしましたー、パチパチー!」
「おぉ!」

 なんと!
 今までシングルベッドに二人身を寄せ合って寝るという危なっかしい状況を察して、新しく買ってくれたのか!
 これで晴れて彩音とは別々の寝具で寝ることができるわけだな。
 ……あれ、でも金はどうしたんだ?

「ささ、ゆうにぃ早く上がって! こっちこっち!」
「お、おう」

 戸惑いながらも手招きする彩音の後を付いて部屋の奥へ進む。
 そこには……

「じゃーん! ダブルベッドでーすっ!」
「…………はぁ!?」

 今までお世話になっていた俺のベッドの場所に、およそ倍の大きさのピカピカなベッドが置かれていた。
 つか俺の部屋ワンルームなんですけど!
 ただでさえ狭かったのに、もう足の踏み場も無いような状態になってるんですけど!

「業者の人も部屋に入れるのに苦労してたよー」
「でしょうね! つか金はどうしたんだ?」

 最大の疑問をぶつける。すると彩音ははっと驚いた顔をして俺から視線を逸らしながら

「……そこの引き出しから拝借させていただきました」
「お、俺のタンス貯金からかぁー!」

 場所は教えてなかったはずなのに……。
 彩音が来た以上、金銭管理はしっかりしないといけないな。

「勝手にごめんね。でもゆうにぃ窮屈そうだったし……かといって別々に寝るのは嫌だったから……」

 途切れそうな声でもじもじと恥ずかしそうに話す彩音。
 内容はともかく、この子はこの子なりに考えてくれた結果だったのだ。
 加えて、今にも泣き出しそうな顔で俺に謝ってきている。これでは怒るに怒れない。

「まあ買っちゃったもんは仕方ないしな。ありがたく使わせてもらうか!」
「……っ! うんうん、大切に使おうね! あとこのお金は私がきっちり返すから!」
「お、バイトでもするのか?」
「ふふ、夜のお仕事で一儲けしようかなって」
「ちょ、それだけはやめろ!」
「冗談だってば冗談。えへへ、この身はゆうにぃにしか捧げないって決めてるんだからっ!」
「……それもそれで考えてほしいんだが」

 取り敢えず、彩音は高校入学後にアルバイトを始めてそのお金で返すことで話は決着しました。

「従妹に懐かれすぎてる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く