神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#53能力と対策

とりあえず剣を物質変換されたら終わりだ。
使い物にならない。それを考えると思うように
動けない。何かいい手はないのか?

「おい、いつまで立ち止まっているんだ?
もう殺し合いは始まってるよ!」

儚月が大声で言いながら当たると物質変換
されてしまう弾を撃ちまくる。
俺たちはそれを避けるので必死だ。
変色した部分を見ると、それが少しずつ周りに
浸食している。これに当たったらヤバそうだな。
しかし避けながらも何とか儚月に近づけた。
その隙を狙い・・・

「今だ!」

儚月の腕に斬りかかった!
しかし儚月の顔を見ると、不敵な笑みを浮かべて
いた。一体何なんだ?俺はその場から引き下がる。
あれ?おかしい。斬ったはずの腕からは血も出て
いない。そしてその瞬間・・

「な・・傷が消えた!?」

何と儚月の腕の傷がみるみると癒えていった。

「ふふ・・私の体に負った傷は癒え、痛みも
感じない。残念だったな」

嘘だろ!?そうだとどうすればいいんだ?

「そ、そんなの卑怯だわ!」

「何とでも言え。殺し合いに卑怯などない」

それを聞き、サグメちゃんが軽く舌打ちする。
まあその通りだな。
物理攻撃も効かないとなると・・
そうか、思いついたぞ。儚月を倒す方法が!

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く