神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#51儚月の真意

「そうさ、久しぶりだな」

「嘘・・あの時死んだはずじゃ・・」

サグメちゃんが声を漏らす。
俺たちは目の前の人物への戸惑いを隠せない。

「ああ、あの時用事が入ったのでな。閃光弾を
投げうち目をくらませ、その間に欠片を置き、
戻って行ったのだ」

そうだったのか。やはりおかしいと思っていた。
急に目の前がフラッシュアウトするなんて
ありえないしな。

「しかし、お前たちがここに来るのは予想外
だった。まさかこんな少人数で来るなんてな。
なのでお前らは危険だからここで殺しておこう
と思っておびき寄せたんだ」

儚月が落ち着いた口調で淡々と話を続ける。

「って事は・・甲板であんなに騒がしくしたのに
艦内で護衛があんなに少なかったのは・・」

俺は儚月にそう気になっていたことを問う。

「そう、ここに辿り着きやすくするためわざと
通路を閉ざしておき、護衛も減らしたんだ。
さすがにいないと不審に思われるからな」

そう説明され、今まで気になっていたことに
納得がいった。これまでの主犯は儚月で確実だ。

「それにしても儚月、あんたは何がしたいの?
こんな大きな船で町を襲って」

そうサグメちゃんが怒り気味に言う。儚月の
行動に腹を立てているようだ。

「今そのことは教えられないな・・何せ
私たちの重要な計画は機密情報だからな。
しかし、この剣で語り合うことはできるぞ」

そう言いながら剣を持ち、こちらに構えてきた。
それに応じこちらも構える。どうやら戦いは
避けられないようだ。

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く