神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#50再会

まるで古代遺跡の暗号を解いたような仕掛けだが、
気にする暇もない。
何と目の前に扉が現れた!入れと言わんばかりの
扉だ。

「これって・・・隠し扉?」

「そうだと思うけどきっと中には・・」

「これだけ警備が厳しいだからきっと重要な
部屋だよね」

そんな会話をする。にしても何で俺の誕生日で
開いたんだ?絶対に怪しい。

「よし、入ろう」

「うん・・・」

剣を持ち、用心して扉を開ける。ここまで来たら
もう引き下がれない。

「やあ、お二人ともここまでご苦労」

「誰!?」

奥から誰かの声がした。しかし部屋は暗く、
よく見えない。見た感じこの部屋は司令部と
いったところか・・あれ?この声聞き覚えが・・・

「忘れたのか?私だよ」

張り詰めた空気の中、
妖しい声とともに足音がこちらへ近づいてくる。
だんだんと人影が濃くなり、顔が見えた。
あの姿はまさか・・・

「儚月!?」

二人が口をそろえ言った。そう、あれは儚月だ!
死んだはずでは!?

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く