神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#46行き止まり通路


「俺たちの武器がこんなとこに・・」

「よくここに入っているって分かったわね!」

「いや、たまたま見つけただけだよ」

俺は箱を倒してしまっただけで、
逆に箱を倒さなかったら見つかんなかったよな。

「それより先に進もう」

武器を手にして先に進む。それにしても
警備が薄すぎだよな。ひたすら廊下で
何もないし。やたらと曲がり角も多い。
さっきから何個の曲がり角を曲がったことか。

「また曲がり角・・?」

サグメちゃんが愚痴っぽいような口調で言った。
確かに曲がり角ばかりでそう言いたいのも分かる。
この戦艦の中はどんな構造をしているんだ?

「・・・ってあれ?」

サグメちゃんがそこを曲がったところで
立ち止まった。少し様子が変だ。

「どうした?」

俺より少し早く曲がり角を曲がったサグメちゃんが
何かを見つけたっぽい。

「いや、ここ行き止まりなんだけど・・」

「え?」

そう言われ奥を見ると確かにそうだ。
あれ?そういえば・・

「途中の道に分岐なんてなかったよね?」

先は行き止まりだがとりあえず進んでみる。
行き止まりのとこまで来たがやはり先に進めない。

「どこかに仕掛けはないかな?」

「探してみよう」

さっきの国津神はこっちから来たんだ。
きっとどこかに何かがあるはず・・

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く