神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#40戦艦の牢屋

あれから大分歩いた。だけどずっと廊下で
部屋もなにもない。敵も全く出てこない。

「さっきから何もないけど、ちょっとおかしくない?」

二人に質問してみた。

「そうね、一人や二人国津神が出てきても
おかしくないのにね」

「ねえ、ちょっとあれ見て」

サグメちゃんがそう言ったとき、イコナちゃんが前を
指さした。

「何だろう、あれ・・・」

廊下は明かりがついているのに妙に暗い部屋がある。

「行ってみよう」

中には鉄格子がある。ここは牢屋か?サグメちゃんは
怖いのか俺の後ろにつき、用心深く前に進むと、

「んーんーんー!」

何か声みたいなのがした。サグメちゃんが一瞬俺の
背中でビクッっとしたがそんな事はいい。

「お姉ちゃん!」

イコナちゃんが嬉しそうに大声を出した。

「お姉ちゃん!?」

暗くてよく見えないが、確かに口を布で塞がれ、
手を縄で縛られている女神が見える。

「は、早く助けよう!」

牢屋のどこかに扉がないか探す。

「ここに扉あるけど・・鍵がかかっているわ」

サグメちゃんが扉を見つけるけど、
鍵がかかっているらしい。

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く