神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#39ドアと戦艦内部

どうすりゃいいかと悩んでいた時、サグメちゃんが

「いい?せーので一斉にここから抜け出すわよ」

とヒソヒソ声で俺たちに伝えた。せーので一気に
飛び出すんだな。

「せーのっ!」

サグメちゃんの掛け声とともに一気に駆け出した。
なんとか全員抜け出せたようだ。で、こっからどうすれば?

「こっちに来て!」

二人とも、戦艦内部への入り口のドアで手を振っている。
慌ててそっちに向かった。そうするとすぐさまドアを
開けて、中に入った。

「ふう、助かった」

と一息ついたがそんな場合ではなかった。
甲板の国津神たちがこっちに向かい、ドアを開けようとする。
二人が必死にドアを抑えるが、開くのは時間の問題だ。
ドアを開けなくするには・・

「イコナちゃん、ドアを重量化!」

ドアを重くすればきっと開けないだろう。
すぐさまイコナちゃんがドアを重量化。するとドアの重みに
耐え切れなくなった蝶番が外れ、ドアが落ちる。
戦艦のドアは分厚いのでドアが倒れることはない。
念のためその辺の荷物箱ドアの前に置いておく。

「よし、これで向こうは入ってこれない」

向こうの様子は分からないが必死に開けようとしてるだろう。

「お手柄だったわね」

「あの状況であんな事思いつくなんて頭が切れるね」

戦艦内部の廊下を歩いているとき、二人が俺を称える。
これはちょっと嬉しい。

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く