神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#36作戦考え中


「火薬庫を爆発させるってどうやって?」

一体どうやってそんな事をするのか聞いてみた。

「火薬庫のある部屋まで穴を空けて火をつけるの。
戦艦に何か硬いものを当てれば穴空くんじゃない?」

そんな無茶な。戦艦の装甲は合金鋼で出来ている。
ちょっとやそっとのことで穴は空かない。

「戦艦はとても硬いんだよ?そんな簡単に
穴なんて空かないよ」

「確かにあんな硬そうなの歯が立ちそうにないね」

俺とイコナちゃんが作戦にダメ出しすると
サグメちゃんがしょぼんとした顔で言った。

「じゃあどういうのがいいの?」

「例えば甲板にいる神達に上から
重い岩を神力使って落とすとか?」

サグメちゃんの考えに合わせ、ちょっと酷いような
作戦を考えた。そしたら、

「いいわね、それ!」

さっきまでのしょぼんとした顔とは一変、いきなり
目が輝いた。気に入るポイントが分からない。

「じゃあ甲板の神に岩を落としてそれから侵入ね。
岩はちょうどあそこにあるし、二人ともそれでいいね?」

サグメちゃんが海岸にごろごろとある岩を指して、
同意を求めてきた。

「うん」

二人ともそう言った。

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く