神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#37岩を落とされた甲板


「決まりね。じゃあイコナちゃん、あの岩を
豊佳君が持てるぐらいの重さにして」

「うん」

ようやく作戦が決まり、サグメちゃんが指示をする。
俺たちはその指示を受け行動を開始する。

「できたら豊佳君、岩をあの戦艦の甲板の
上空まで持って行って」

「分かった」

岩をできるだけ上空まで持っていく。イコナちゃんが
重量化をするまでの時間があるようにだ。
上空まで持っていく。

「イコナちゃん、あの岩を極限まで重くして」

イコナちゃんが岩を重量化でき、岩はみるみる加速し、
甲板に落ちた。
ドンッ!
鈍い音がした。だがここからは甲板の様子は見えない。

「成功・・かな?」

俺はそう聞く。

「うーん・・まだ分からないけどちゃんと
落ちたっぽいわね」

これで成功か。よかった、これで大丈夫なんだな。

「でも何人かにしか当たってないよ」

イコナちゃんがそう言った。まあ確かにあの面積の
岩じゃそのくらいだよな。

「じゃあもう何個か落とした方がいいわね」

え?まだやるの?

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く