神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#33荒れ果てた町の姿


「って今こんな事してる場合じゃないでしょ」

空中に浮いてはしゃいでいる二人を下ろした。
戦艦への侵入を急ぐ気持ちと二人の生足を
見ていたくない気持ちが混ざったからだ。

「それもそうだね。早く行こう」

イコナちゃんがやっとそれに気が付いた。
でもサグメちゃんはもっとやっていたかった
みたいな顔をしている。戦艦に行くのか遊ぶのか
どっちなんだ。三人で山を下った。

「そういえばイコナちゃん、ケガは大丈夫?」

イコナちゃんがケガをしていた事を思い出した。
何かなんともないよな感じだったからな。

「うん。傷は塞がったしもう大丈夫だよ」

「ならよかった」

神の治癒力半端ないな。まだ一時間ちょっと
しか経ってないのに。
俺たちは町に着いた。町は荒れ果てている。
あの後も何度か砲撃を受けたようだ。
生身で砲撃を受けたらひとたまりもない。

「戦艦に入るんだから武器を調達しよう」

「でもこの辺りに鍛冶屋とかあったかな?」

「この辺りに一軒あったはずなんだけど・・・」

周りを見渡してもどこにも建物の姿はない。

「あ、あった!」

ようやく鍛冶屋らしきものを見つけた。

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く