神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#31戦艦侵入作戦


「ほら、イコナちゃんが重いものを2㎏まで落として、
それを動かせばいいんじゃない?」

そうすれば俺の神力の欠点も克服出来るって事か。
確かにそれは俺も気付かなかったな。

「そうすればかなりの重いものでも持てるね」

「そうだね」

イコナちゃんが少し感心した。俺も適当な
返事をしておいた。

「じゃあそれで決まりね。」

サグメちゃんがそれから少し考え、こう言った。

「作戦はこうよ。まず海岸まで行って質量変化で私たちの体を
軽くし、そして物体移動で体を甲板まで持って来る。すると
敵の国津神たちが出てくると思うから、予測で、出てくる
タイミングを把握して、出てきた瞬間に一気に殴り掛かる。
中に侵入したら、どこかに司令部みたいなのがあるから
そこをつぶせば、あらかた片付くんじゃない?」

女の子なのにすごい作戦考えるな。殴り掛かるとかつぶすとか。

「でもその後は?脱出する時に他の戦艦から
攻撃されるかも・・」

イコナちゃんがなかなか鋭いことを言った。
二人とも、俺より頭が切れるんじゃ?

「そうだね・・なんとか物体移動で逃げられないのかな?」

「今ここで試してみるのはどう?」


「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く