神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#28イコナヒメとアメノサグメ

着いてすぐにサグメちゃんがこっちに気が付いた。

「遅かったわね、何して・・って誰その子!?」

言いかけた時に背中に背負ったイコナちゃんを
見てびっくりした。まあそうだろうな。

「道でケガをしてたから助けてあげたんだよ」

言いながら俺はイコナちゃんを下ろしてあげた。

「そうなの。あなた名前は?」

サグメちゃんに問いかけられた
イコナちゃんが答えた。

「イコナヒメ」

「イコナちゃんね。私はサグメ。よろしく!」

「よろしく」

俺の時と答え方が違うな。人見知りなのか?
そんな心配も要らず、少し経つと大分喋れるように
なってきた時にサグメちゃんが質問した。

「イコナちゃん、町の様子はどうだった?」

「かなりの砲撃を受けて、町はボロボロだった。
まだできたばかりの町なのに・・・」

「そうだったんだ・・」

その後俺はある質問をした。

「ところでイコナちゃんは何でこの町に来たの?」

そう聞くと少し真面目そうな顔で言った。
その答えは意外だった。

「私のお姉ちゃんを探してこの町に探しに来たの」

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く