神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#26砲撃とがれき

ドンッ!ドンッ!ドンッ!
三発ほど戦艦からの砲撃の音がした。
こっちに来るかもしれないのでとりあえず身を隠す。
どうやらこっちには来なかったようだ。
あちこちでがれきが落ちる音が聞こえる。
そしてその時、

「誰か助けてー!」

この奥の方から助けを呼ぶ女の子の声がした。
早く戻りたいけど助ける方を優先する。
走って行ってみると、そこには足にがれきが落ちて
身動きがとれない女神がいた。その女神は赤色の髪を
していて俺より少し幼いぐらいだ。

「大丈夫ですか?今助けますね」

「う、うん・・お願い・・・」

女神が苦しそうに言った。
がれきの量はそこまで多くない。一気に神力でどければ
大丈夫だ。俺の神力は一つの物だけではなく
複数個持ち上げることも可能だ。3㎏以内ならな。
と言ったものの、がれきが非常に重い。こんな
重いのが落ちてきたら俺でも動けない。
結局がれきを一個一個持ち上げるのが精一杯だった。
やっとがれきを全て取り除けた。そうすると
女神が起き上がって

「ありがとね!ってイタタ・・・」

お礼の言葉の言葉を言って、すぐに足の痛みを
気にした。がれきでケガをしたらしい。
というかお礼の言葉軽いな。


「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く