神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#20自分の神力

この話の流れで何だが、本題について聞いてみる。

「あの、俺の神力は・・」

「ああ、そうだったな。約束通り君に神力を与えてやろう」

思い出したかのようにそう言った。ちゃんとやってくれんだな。
よかった。それと同時にある疑問が生まれた。

「ちなみに俺にどんな神力をくれるんですか?」

「私も神力を与えるなんて初めてだからな。
どんな神力になるのかは分からない。それでは始めるぞ」

ついに神力か。俺もやっと神になれるんだな。

「我、汝ニ神力授ケタリ」

ミナカヌシノさんが唱えた。その瞬間、俺の体が
フワッと持ち上がった気がした。

「これでできたはずだ。さあ神通石で調べてみろ」

俺は神通石を取り出し、あれを唱えた。

「我、神力ノ趣、知ルニ来タレリ」

神通石が赤く光った。これで神力が調べられた。

「神力検査完了」

神通石から音声ガイドが流れた。今度こそ
大丈夫だろうな。

「あなたの神力は・・物体移動。神力使用を
思い浮かべれば最大1㎏を思ったところまで瞬間的に移動できます。
属性は無属性です」

物体移動か。けっこういい神力を貰った気がする!
これって使い方によればスリとかも・・・
って俺は何考えているんだ。あと属性がなんちゃらとか言ってたが
気にしないことにした。



「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く