神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#19神だけの世界

ミナカヌシノさんが奥の椅子に座り、こう言った。

「この世界に来てみて思ったことはあるか?」

俺に神力を与えてくれんだと思っていたら、予想外の
質問がきた。

「えっと、本当に神様っていたんだなぁって思って・・」

「お前からしてみればここは神話みたいな世界だろう」

確かに神話みたいだ。神話なんてほとんど読んだことないけど。

「何故私たち神のことが神話として受け継がれているか分かるか?」

意味深な質問をされて戸惑い気味に答える。

「昔は神様も人間と同じ世界にいたからじゃないですかね?」

「その通りだ」

どうやら当たったみたいだ。よかった。

「2000年前ぐらいまでは神と人間は共存していた。
だが、時の流れは残酷なものだ・・」

ミナカヌシノさんが悲壮な顔で言った。

「え?何があったんですか?」

でも俺は構わず聞いてみた。少し経ってからミナカヌシノさんが
口を開いた。

「2000年前、人間が”神の存在”を否定し始めたのだ。
人間と同じような見た目をしているのに特殊な能力を
持った神たちを迫害してきたのだ。そこで我々は”神だけの世界”
として世界を切り離したのだ。天皇家など一部の神を残してな」

話が膨大すぎてよく分からない。神だけの世界を切り離した?
神はそんなことも出来るのか。それで神の存在が消えて神話として
残ったのか。というかそんな世界に入ってきた俺って
けっこうヤバいんじゃ?


「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く