神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#15宿屋、一日の終わり

東風を出た俺はサグメちゃんに聞いてみた。

「この辺りで宿屋みたいなところってあるかな?」

「宿屋?それだったら私の友達のオオヤツヒメが経営している
楼閣ろうかくっていう宿屋が、ここを真っ直ぐ行ったところにあるよ」

「ありがとう。じゃあね」

「うん。ところで明日は何をするの?」

「明日は用事で高天原に行ってくるよ」

「そうなんだ。また分からないことがあったら聞いてね!」

俺は手を振りながら楼閣に向かった。
楼閣の外観は三階建て。木造で昔ながらの旅館って感じだ。

「いらっしゃいませ」

中に入ると笑顔で受付の女神が接客してくれた。

「あの、一泊二日でお願いしたいのですが」

「一泊二日でしたら食事付きで銀貨9枚になります」

「金貨1枚でお願いします」
俺はポケットから金貨を取り出し渡した。

「お釣りの銀貨3枚になります。客室は二階です。
ごゆっくりどうぞ」

銀貨を受け取り、それと札が一緒に渡された。札に何か
書いてあるが読めない。札に鍵がついていたので、
空いてそうな部屋に鍵を試してみる。運よく一発目で開き、
中に入った。中も普通の旅館って感じだ。一人には広すぎるかな。

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く