神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#13妖怪退治完了!?

あの謎の光が俺たちを包んでからしばらく経ったであろう。
俺はやっと目を覚ました。辺りを見回すが、儚月の姿はない。
そしてサグメちゃんはまだ眠ったままだ。
・・・どうやって起こそう。
第一、俺は女の子を起こしたことなんてない。
というかそんな経験する人は少ないだろう。
起こすにはちょっと勇気がいることだ。

「ん・・・・あれ?あの妖怪は?」

そんな事考えてたら、サグメちゃんが目を覚ました。

「どうやらもういないみたいだよ」

「さっきの光は何だったのかしら。あ!そういえば
退治の報酬は!?」

サグメちゃんが大事なことに気が付いたかのように言った。
そういえばどうやったら報酬って貰えるんだろう。

「どこかに呪禁じゅごんの欠片がないか探して」

「呪禁の欠片?」

「妖怪を倒したときに落とすものよ。あれがないと
報酬が貰えないの」

そりゃ大変だ。報酬がないと俺は一文無しになってしまう。

「じゃあこの辺を探そう」

二人で辺り一帯を探す。なかなか見つからない。
十五分ほど探していると建物の片隅に
禍々しい雰囲気を漂わせる黒の石みたいなのを見つけた。

「もしかしてこれかな?」

そう言いながらそれを見せてみる。

「そう、それよそれ!」

サグメちゃんが嬉しそうに言った。
待てよ・・・欠片があったってことは儚月は
倒されたって事だよな。一体誰に?
まあいいか。なにしろあまり戦わずに済み、
幸運なことだ。これで町に戻れる。



「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く