神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#14報酬の金貨

俺たちは北の町に戻り、あのハロワに入った。
欠片を持っていたサグメちゃんが窓口で報酬を貰ってきた。

「報酬の金貨80枚、しっかり貰ってきたわ」

サグメちゃんが袋にジャラジャラと入っている金貨を見せてきた。
この世界の通貨は金貨なのか。金貨があるのだから
おそらく銀貨や銅貨もあるのだろう。

「はい、半分こ」

そう言って金貨40枚ほどを渡してきてくれた。
金貨はコインぐらいの大きさだ。
俺ほぼ何もしてないけどこんなに貰っていいのか?
そんなことを思いつつも受け取った。

「こんなに貰っていいの?」

この世界の金貨の価値はどのくらいなんだろう。
確か中世のイギリス通過の金貨1枚は
1万円ちょっとだった気がする。だとすると
40万円?

「別に大丈夫よ。それより助けてくれた神に感謝ね。
さあ、武器を返しに東風に行きましょう!」

俺は急いで金貨を両ポケットに入れ、東風に向かった。
中には前と同じようにカナヤマヒコさんがいた。

「武器を返しに来たよー!」

サグメちゃんが高らかに言う。あれ?剣は折れたんじゃ?

「その割にはサグメさん。何も持っていないように見えるが」

「ははは、ちょっと折れて持ってこれなかった。
でも、もう一つはちゃんとあるから、これで
許して」

俺はそこで折れていない剣を渡した。

「サグメさん、次からは気を付けてくださいね」

「はい、じゃあまたねー!」

そして俺たちは店を後にした。



「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く