話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#12神力封じ、そして光

剣が触れた瞬間、剣先から紫色になり剣が折れてしまった。
それで俺は驚いたのか、そこから一気に身を引いてしまった。
ん?ちょっと待てよ。サグメちゃんの神力は予測。
剣の未来も予測できたはずでは?

「おかしい・・・何故か神力が発動しなかった」

サグメちゃんが不思議そうな顔で言った。

「そりゃ、ある者がこの辺一帯の私以外の神力を封じているからだ」

何だよそれ、チート過ぎだろ!こんなの勝てるわけがない。

「そんな・・勝つ術がないじゃない。もしかしてさっき
神通石で神力が検知できなかったのもそれのせい?」

「その通りだ。」

いや、それは俺に神力がないからだけど・・。そういう事にしとくか。
そこで反論なんかしたら面倒くさそうだからな。
というかどうする!?マジで勝ち目がない。

「そろそろお前らがあの剣みたいになる時だな」

儚月が嬉しそうに言った。まず俺たちを殺す目的って何だ?
妖怪がやっていることの口封じ?
儚月が俺たちにゆっくり近づいてくる。
いや、そんなことを考えているときじゃない。
俺のセカンドライフ、一日目で終了か。
死を覚悟していたその時、眩い光が辺り一帯を包んだ。
目を開けてられないぐらいの強い光だ。
その光の正体も考えないうちに、気を失ってしまった。


「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く