神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#2異世界へ

ミナカヌシノという名前がずっと
引っかかっていたが、漸く思い出した。
そう、神様だ!日本で最初に生まれた神様だ。
確かめるようにミナカヌシノさんに聞いてみる。

「あの・・貴方って神様ですよね?」

かなりぶっ飛んだ質問だがこればかり
は仕方ない。

「まあ、人間はそう呼んでいるな」

やっぱりだ、昔読んだ古事記に出てきた。
やっと話について行けた気がする。

「それはいいとして君を今から違う世界に飛ばす」

「というか、違う世界ってどこなのですか?」

「私たち神が住んでいる世界だ」

って事は・・・神話みたいな世界?
ちょっとワクワクしてきた。

「そうだ、行く前に君は神に比べ身体能力が低すぎる。
神の世界で人間ということがバレたら大変だからな」

そうだよな、神の中で一人人間がいたら大騒ぎになるだろうな。

「君の身体能力を底上げするから、動かないでくれ」

ミナカヌシノさんが俺に手をかざした瞬間、
俺の体が一瞬光った。これで底上げされたのか?

「あともう一つ、君にこれを渡そう」

受け取ったのは石。その辺の河原にでもありそうな石ころだ。
これをどうやって使うんだ?

「準備は整った。それでは神の世界に召喚するぞ」

「はい・・・・!」
異世界に行ったらモテるかもしれないという期待と
本当に大丈夫なのだろうかという不安が入り混じった
返事だった。

「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く