神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#3神話の始まり

「ん?どこだここ?・・ああそうだ、ついに
異世界に来たんだった」

今、目覚めたばっかりの俺は少し寝ぼけているが
さっきのことも覚えているし、もらった石もポケット
に入っている。それ以外は何もないが。
やはりさっきのことは夢じゃなかったんだ。
普通はこんなことになったら実感わかないが、
不思議と受け入れられた。
周りを見渡すと、辺り一帯に野原とその先に山が広がっている。
現代の日本じゃ見れないような雄大な景色だ。

ヴーヴーヴーッ

その景色に見惚れていたら、ポケットで石が振動している。
取り出してみるとさっきはただの石ころだったが、
水色に神々しく光っている。どうなっているんだ?

「よし、繋がったか」

そう石から声が聞こえてきた。これはミナカヌシさんの
声か?

「これは神通石だ。お前の世界でいう電話のような事ができる」

それは便利だ。ちょっと外観的にショボい気もするが、
ないよりはマシだ。
「あの、質問してもいいですか?」

俺はそう聞いた。この世界で生きるには
この世界に適応しなきゃいけないからな。

「まあ、少しならいいだろう」

「俺はこれから何をすればいいんですか?」

「とりあえず北へ向かえ。北には町があるからな。
そこで食料と宿を調達すればいい」

「それじゃあ、お金はどうすればいいですか?」

「・・・・・・まあ何とかしろ」

プツッ

神通石から光が消えた。

「ええええ?何とかしろって、絶対考えてなかったでしょ?」

まだ聞きたいことはあったが、逃げられてしまった。

「仕方ない。町に向かうか」

ここにいてもなにも始まらないので、北の方向に向かった。


「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く