神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#5手ぶらで妖怪退治?

「じゃあその仕事やります」

俺は妖怪退治の仕事を受け持った。

「だったらこの書に押印をしてね」

「あの、ハンコ持っていないんですけど」

「だったら記名だけでいいよ」

そう言われ、書類と筆が渡された。おそらく
妖怪退治の契約書だろう。文の最後の記名する
らしき枠があるので”服部豊佳”と書いた。

「なんだか見慣れない文字だな。まあいい。
ところで君、手ぶらのようだがそんな装備でいいのか?」

確かにそうだな。逆に手ぶらで何ができるというのだ?

「あ、でもお金持っていないんで」

「それなら隣にカナヤマヒコがやっている店が
あるからそこで武器を借りればいいよ」

「分かりました。あと妖怪ってどこにいるんですか?」

「広告に書いてなかったか?ここから北西にある村だよ」

「ありがとうございます」

「健闘を祈るよ」

そう言って俺はハロワを後にし、隣の店に入った。

「いらっしゃい」

店の中は結構ぼろいというか、厳ついというか、
俺みたいな奴は入るな的オーラが漂っている。
おそらく、壁にいろんな武器を飾ってからだろう。
そして鍛冶でもしてるのか?暑い。
奥にはカナヤマヒコさんらしき神が
座っている。

「すいませんカナヤマヒコさんですよね?」

「そうだよ。何か用?」

カナヤマヒコさんは結構がっちりしていて
声も大分低い。強そうだ。

「武器を貸していただけないですか?」

「それは無理だ」

「え?」



「神話の神とモテない天才~異世界で神となる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く