封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!

感想待ち!

16話

「今日は神殿に行こう!」

僕はポイズンビートを安定して倒すことができるようになっていた。そのためこの1週間もの間、僕はポイズンビートを倒してお金を稼いでいたのだ。そのおかげもあり今までにないほどのお金を貯めることが出来ていた。そして今日はその貯まったお金で神殿に行くことにした。

僕がなぜ神殿に行くのかと言うと神殿にはスキルを詳細にしてくれるシスターと呼ばれる人が在住しているのだ。シスターは神に仕える存在で神に仕えてるシスターは神の力を限定的に使うことが出来るのだ。

「僕の封印のスキルを詳しく知りたいからな!」

僕のスキルである封印はどんな力を持っているのか確かめたくなったのだ。スキルについて知っているのと知らないとでは大きな違いが生まれてくるからである。スキルにも特徴と呼ばれるものがある。スキルの特徴とは同じスキルでも人によっては出来ることが違っていたりすることがあるのだ。

「それじゃ‥行こうと思ったけどどこにあるのか知らないんだった‥」

僕は神殿に向かうと宿を出たのはよかったが神殿がどこにあるのか調べていなかったのだ。そのため神殿に行くためにまず神殿の場所を聞くところから始めなければならなくなった。

「あの~すいません~!」

僕は神殿の場所を聞こうとまずは神殿の場所を知ってそうな冒険者ギルドへ向かおうとすると後ろから声をかけられた。

「はい?なんですか?」

僕は声をかけられた方へと目を向けてみるとそこには1人の少女が困ったような顔をして立っていた。

「あの~神殿に行きたいんだけど、神殿ってどこにあるか知ってますか~?」

少女は神殿の場所が分からなくて僕に神殿がある場所を聞きに来たようだった。

「ごめん、僕もこれから神殿に向かうとしてたけどどこにあるかは知らないんだ」

「そ、そうなんですね~!私と同じなんですね!それなら私と一緒に行ってくれませんか?」

「そうだね、一緒に行こう!」

僕は彼女と一緒に神殿へ行くことになった。1人で行くよりも2人で行った方が1人の時よりも神殿の場所を見つけやすくなるし、何より1人で行くよりかは2人で行った方が道中が楽しくなると思ったのだ。

「私はソテルです!よろしくお願いします!」

「僕はレインです!こちらこそよろしくね!」

僕はソテルと名乗った少女と一緒に神殿へと向かうことになった。

「封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ちょこりっぷ

    まあ良き。でも語彙力たりないとこがあるけどまあそれは自分が言えることじゃないわな

    0
コメントを書く