封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!

感想待ち!

15話

「ふぅ~勝った~!」

僕は地面に倒れこんだ。まだ一体しか倒していないのにこんなに疲れるとは思っていなかったのだ。

「でもドロップしてくれてし頑張ったかいがあるってもんだよな!」

僕の横には魔石と籠手が落ちていた。このアイテムはポイズンビートがドロップさせたものだ。

「この籠手にはどんな力が眠っているんだろう?」

僕は横に落ちてある籠手を見る。籠手には禍々しい模様が入っていた。そもそもアイテムドロップがするってことはレアなアイテムがドロップするのでこの籠手が普通なアイテムなはずはないけどな。

「よし!封印しておくか!」

僕は立ち上がり籠手と魔石を拾うと自分の体に封印した。すると封印した籠手の情報が頭の中に浮かんで来た。

「この籠手は毒の耐性を上げてくれるのか」

この籠手には毒の耐性を上げてくれる能力が宿っていたのだ。

「でも耐性ってどれくらい上がったんだろう?」

すごい能力なんだろうけど毒の耐性がどれだけ上がったのか確かめる手段がなかった。どれだけ上がってどれだけの毒なら大丈夫なのか一つ一つ確かめて行くわけにもいかない。もし上がったのが微々たる物ならあまり毒を耐えられなくてまたあんな痛い思いをする羽目になるかもしれないのだ。

「まぁこの籠手は籠手として使うとするか!」

この籠手は毒の耐性を上げてくれるアイテムではなく防具としての籠手として使うことにした。

「よし!後2、3体を倒してから街に戻るか!」

このまま戻っても少しの依頼達成金しか貰えないので後2、3体のポイズンビートを倒してから街へと戻ることにした。

「うん!上手くいったな!」

僕の横には三体のポイズンビートが倒れていた。僕は前回の反省を生かして油断せずに一気に仕留めにかかることにしたのだ。まず石で羽と尾にある針を狙うことにしたのだ。針を狙う理由としては毒を出させないようにするためだ。これが上手くいってポイズンビートは羽を破られて落ちてからは何もすることが出来ず僕の剣に貫かれていた。

「よし!魔石を持って帰ろう!」

僕はポイズンビートから魔石を取り出して街へと帰ることにした。

「最初にギルドにいこう」

僕はそろそろと言うかもうお金がなくなっている状態なのでポイズンビート討伐の報酬を貰いに行くことにした。

「おぉ~意外ともらえるんだな~」

ポイズンビート討伐の報酬はゴブリン討伐と薬草採取の時よりもお金が貰えたのだ。

「魔石も売らないでよかったしな!」

今回は予想以上にポイズンビート討伐の報酬が貰えたので魔石を売らないで手に残すことが出来たのだ。魔石は魔力を宿しているのでどんなことにでも有効活用できるのだ。そして魔石は売れることもできるので売ってお金にすることも出来るのだ。

「今日はゆっくり寝れそうだなぁ~」

冒険者ギルドを出た僕はどこにも寄り道することなく宿へと向かい、そのまま泥のように眠ったのだった。

「封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く