封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!

感想待ち!

14話

「いたいっ!」

ポイズンビートの毒は即効性で激痛を伴う毒なのだ。獲物を逃さないように考えられている毒なのだ。

「げ、解毒薬《解除》!」

僕はすぐさま解毒薬を解除し、痛みをこらえながら解毒薬を口の中に押し込んだ。

「ふ、ふぅ~痛かった!」

僕はすぐさま立ち上がりほふく前進でこちらに向かってくるポイズンビートから距離を取る。その際にはさっきとは違って油断せずポイズンビートを見ながら後ろへと下がる。

「まさか毒を飛ばしてくるなんて!」

ポイズンビートから距離を取りながら僕は回避剣を解除しておく。疾風の短剣よりなぜ回避剣を選んだかと言うとやはりリーチが長いからだ。ポイズンビートは毒を持っているので万が一にも毒を受けてしまうとさっき1つしかない解毒薬を使ってしまったので毒に対処することが出来なくなってしまうからだ。そのため毒を食らわないために少しでもと距離を取るために疾風の短剣より回避剣を選んだ。まぁそんなに変わらないとは思うけどさっき受けた毒がそれだけ痛かったと言うことだ。

「よし、決めた!」

僕はポイズンビートからただ逃げていたわけではない。逃げながらもどうやって倒すのかを考えていたのだ。ポイズンビートに近づいて戦うにしては毒を食らってしまう危険性が高まる、かと言って遠くからちょこちょこやっていては逃げられてしまう可能性もあったので、遠くから一撃で倒す方法を考えていたのだ。

「よし!石《解除》」

僕は回避剣を地面に刺し、両手に解除した石を持ちポイズンビートへと向かって投げた。ただ今回は今回は一つでもポイズンビートに当てるのではなく石を一つでも投げることを意識して投げていった。そりゃあポイズンビートに当たってくれた方がありがたいけどね。ただ意識することは当てるよりもたくさん投げると言うことだけだ。

「ブギャ!?」

ポイズンビートは突然現れたたくさんの石に驚き一緒動きが固まってしまった。そしてその隙にも石は飛んでくる。ポイズンビートは避けることは無理と判断して身を固め守ることにした。

「はぁぁぁー!」

僕はポイズンビートが身を固めて動けなくなったところを見るとすぐさま回避剣を手に取りポイズンビートへ向けて一直線に走り出した。

「そこだーー!」

身を固めているポイズンビートは向かってくる僕に反応することは出来なかった。飛んでくる石を防ぐことにいっぱいいっぱいだったのだ。僕は動けないポイズンビートに向かって剣を構えた。ポイズンビートもどうにかして僕に反撃しようとするがもう遅かった。僕の剣はポイズンビートを貫いた。

「封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く