封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!

感想待ち!

13話

解毒薬を買った僕は冒険者ギルドを出てポイズンビートがいる森の中へと向かっていた。

「気をつけることは毒だけだな!」

ポイズンビートと戦う中で大事なことは尾にある毒針だ。それさえ気をつければ特に強くもないモンスターだと思う。ポイズンビートは蜂のモンスターなので羽はあるが大した高さにまで飛ぶことはできない‥はずだ。まだ資料でしか知らないので確実なことは言えないが今の僕にとってはそこまで危険をおかさずに勝てるモンスターなはずだ。

「あ、そう言えば解毒薬を封印したらどうなるんだろう?」

僕はふっと気になった。これまで自分の体に何かしらを封印するとその封印した物の性質というか特徴と言われるものが反映されて来たのだ。もし解毒薬を自分の体に封印したらどんな風に反映されるのかすごく気になった。

「まぁ、封印してみるか」

僕はカバンに入れていた解毒薬を取り出して自分の体に封印してみた。

「ん?特に変化はなしか?」

自分の体には特に変化はなかった。少し走ったり飛んだりしてみたが特に解毒薬を封印する前と変わったことはなかった。

「もしかしたらだけど毒の耐性に強くなったのかな?」

もしかしたら解毒薬は毒の耐性を高めてくれる効果があるのかもしれないと思い至った。だがわざわざ本当かわからないのに毒を受けて確かめるなんてことをしたいとは思わなかった。

「まぁ考えることは後にしよう、今はポイズンビートを倒すことだけを考えよう!」

解毒薬がどのような効果を僕に反映させてくれるのかは後で確かめることにした。今は森の中だ。森にはモンスターがいるので気をぬくとすぐにやられてしまう。確かめるのは街の中で調べるのが安全なので気にはなるが後にすることにし、今は気を抜かずポイズンビートを倒すことだけに集中することにした。

「あ、見つけた」

僕が周囲に気を配りながら森の中を歩いているとブーンと音を鳴らし飛んでいるポイズンビートを見つけた。

「よし、一体だけだな!」

他にポイズンビートがいないか周りを見渡してみた。どうやらここにいるのは一体だけのようだった。

「よしそれじゃ!戦闘開始だな!」

僕はまず石を手に持ち、ポイズンビートの羽根に向けて大きく振りかぶって投げる。ポイズンビートは羽を使って飛んでいるので羽を攻撃し飛べなくなるようにすればポイズンビートの動きを封じられると考えたのだ。

「ブギャ!?」

僕が投げた石は一直線に羽へと向かって行きそのまま羽を突き破った。急に飛んで来た石に反応することができず羽を破れてしまったポイズンビートは驚いたような声をあげながら地面へも落ちていった。

「よっしゃ!成功だ!」

僕は自分の作戦がうまく行ったことに喜んでしまい大きな声をあげてしまった。この時僕は油断していたのだ。羽を破れて何もできないと思っていたポイズンビートは油断して声をあげた僕のいる場所を見つけて鋭いを爪を活かして僕の方へとほふく前進の要領で襲いかかって来たのだ。

「うそ!?」

僕は油断していて剣を取り出すのに遅れてしまった。

「うわぁー!」

剣を抜くよりもポイズンビートが向かってくる方が早いと考えた僕は逃げるように距離を取った。だが、それがいけなかったのだ、距離を取るためにポイズンビートから目を離してしまったのだ。ポイズンビートは僕が目を離した瞬間に尾をこちらに向けて針からなんと毒を飛ばして来たのだ。

「いたっ!」

ポイズンビートの方を見ていなかった僕は毒が飛んできていることに気が付かず毒を避けることができずに毒がかかってしまったのだった。

「封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く