封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!

感想待ち!

12話

「お、新しい依頼が表示されているな!」

冒険者カードから自分が受注できる依頼を表示していると新たに受けられる依頼が2つ表示されていた。

新たに追加された2つの依頼は両方とも討伐系の依頼だった。まず1つ目の討伐依頼はポイズンビート討伐だった。ポイズンビートは蜂のような姿をしたモンスターだ。ポイズンビートは普通の蜂とは違う決定的な違いがある。それは体が大きいことだ、ポイズンビートは人間と同じくらいの大きさをしているのだ。それ以外は普通の蜂とほぼ変わるところはないだろう。次に2つ目の討伐依頼はウルフ討伐だ。ウルフは基本的に集団で行動するモンスターで常に最低でも三体は一緒にいると言われていてウルフと戦う時はウルフ同士の連携に気をつけて戦うようにと言われているモンスターだ。

「んん~どっちにしようかな?」

僕はこの新たに追加された討伐の依頼のどちらかを受けることにした。今日はもともと討伐の依頼、ゴブリン討伐の依頼を受ける気でいたが新たに依頼が追加されていてそれも討伐依頼だったのでそれならと一度やったゴブリン討伐ではなく違う依頼をやりたくなったのだ。

「ん~それじゃポイズンビートに決めた!」

僕はポイズンビートの討伐依頼を受けることにした。なぜ僕がウルフではなくポイズンビートにしたかと言うとそれはウルフが連携して襲いかかってくるモンスターだからだ。ポイズンビートは巣を作り巣の中で生活するのだ。そのため巣に近づかなければ集団で襲ってくることはないのだ。そしてポイズンビートは食料を調達しに巣から出てくる時がある。たくさんの食料を調達するために集団ではなく個別で行動するので僕はそこで一対一でポイズンビートと戦うと言うわけだ。

「それじゃポイズンビートは毒を持っているらしいから解毒薬を買って行くか!」

ポイズンビートは毒を持っている。そのため毒を受けた時のために解毒薬を買ってからポイズンビートの討伐に向かうことにした。

「あれ?そう言えばどこに解毒薬を買いに行けばいいんだろう?」

僕はこの街に来てまだ1週間も経っていないのだ。そしてこの街に来て僕はお金稼ぐための冒険者ギルドと寝泊まりするためのこの宿しか行き来をしておらずこの街のことを全然知らなかった。

「冒険者ギルドに行って教えてもらおう!」

僕は冒険者ギルドに行って解毒薬を売っている店を教えてもらうために向かうことにした。

「あ、解毒薬あったー!」

冒険者ギルドに到着すると僕は受付の人に解毒薬を売っている店を聞こうと思って受付に並ぼうとした時に受付の横に道具屋がありそこには解毒薬が売られていたのだ。

「いらっしゃいませ!冒険者ギルドには依頼に必要になりそうなものは売ってあるんですよー!」

僕が解毒薬を指差して大きな声を出したせいで道具屋の受付の人が僕のそばにやって来てこの店の説明をしてくれた。

「私の名前はエリィです!よろしくね~」

「あ、どうもよろしくお願いします!僕の名前はレインって言います!」

「はい、よろしく~それでレイン君が欲しいのはこれでよかったかな?」

エリィと名乗った少女は僕に解毒薬を渡して来た。

「はい、これ1ついただきますね!」

「まいどあり~」

僕はお金の関係上解毒薬は1つしか買えなかった。念のためにもう少し買っておきたかったけどないものは仕方がない。

「それじゃ僕は依頼のために行きますね!」

「はい!気をつけて行って来てくださいねー!」

僕はエリィと別れて依頼を遂行するために冒険者ギルドを出た。

「封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く