封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!

感想待ち!

10話

僕はゴブリン討伐の依頼を受けてゴブリン達がいる森へと向かっていた。

「よし!それじゃやるか!」

ゴブリンのいる森にまでたどり着いた僕は慎重に森の中へと進んでいく。まだ僕は弱いので自信満々に森の奥へと入っていくことはできない。

僕は今先ほど街の武器屋で買った血避けの効果がある剣を手に持っている。疾風の短剣は僕の体に封印してある。二刀流とかして戦って見たいが僕にはそんな技術はない。森に入る前に試して見たがどうしても片方にしか意識することができず、そして両方使おうと意識すればするほど片方の剣ですら上手く振るうことすらできなくなってしまっていたのだ。そのため僕はリーチが短い疾風の短剣を封印し、血避けの剣を手に持つことにしたのだ。

「お、ゴブリン発見!」

僕はゴブリンを見つけた。僕が見つけたゴブリンは三体いた。ゴブリン達は僕に気づいている様子はなく三体とも地面に座り込んでいた。

「よし、封印解除!」

僕は僕の体に封印していた石の封印を解除した。その石を持ってゴブリンに投げる。そしてゴブリン達に気付かれないようにその場で石を封印し僕は移動を始めた。

「ここで大丈夫かな?封印解除!」

僕はゴブリン達の後ろに周り石の封印を解除した。そうすると石はゴブリンに向かって飛んでいき、そしてゴブリンのうちの一体の頭に当たった。

「ゴギャ!」

ゴブリンは石が打つかるとすぐに近くに置いてある棍棒を手に取り石が飛んできた方に向かっていった。だがそこには誰もいなかった。

「ゴギャ?」

ゴブリンは不思議そうにして一応周りもキョロキョロして石を投げた犯人を探そうとしたがやっぱり誰もいない。犯人を見つけることができなかったゴブリンはこれ以上探しても意味がないとわかり仲間のところに戻った。

「よし、これで完了かな!」

僕はゴブリン達が飛んできた石に意識を向けているうちにゴブリン達の真上に石を投げて封印して置いたのだ。

「それじゃ封印解除!」

僕は石がぶつかったゴブリンが元の場所に戻ってきたところで真上に封印して置いた石の封印を解除した。

「ゴギャ?」

「ゴギャ!」

「ゴギャ!?」

ゴブリン達は急に石が降ってきたことに驚いた声をあげた。だが驚いているうちにも石はゴブリン達に向かって降り注ぐ。

「今だ!」

僕は石が降り終わる前にゴブリン達を討伐するためにゴブリン達に向かって飛び出した。

石はゴブリンに向かって降りそそぐ。

今回はゴブリンが複数で一体ならゴブリンの全身を埋めるぐらいの量の石はあるが複数を覆う数の石はないのでゴブリン達が降り注ぐ石で身動きが出来ない内に僕がトドメをさすことにした。

「はぁぁぁ!」

僕はまず手前にいたゴブリンに向かって切りかかる。

「ゴギャ!?」

ゴブリンも僕に気付いて反撃しようとするが降り注ぐ石から身を守ることしかできなかった。

「まず一体!」

僕はゴブリンの首を一撃で切り裂いた。そして僕はそのまま2体目を倒すために勢いをそのままに切りかかる。

「ゴギャ!」

2体目のゴブリンは持っていた棍棒を振り回し始めた。それでも降り注ぐ石を無視することができず本当にただ僕のいる方に向けて棍棒を振り回しているだけだ。

「封印!」

僕も降り注ぐ石を普通にくらったら無事ではない。だが僕にはゴブリンと違い《封印》のスキルがある。僕に降り注ぐ石を一つ一つ僕の体に封印していくことで石のダメージを受け付けない。

「ここだ!」

僕はゴブリンが振り回す棍棒の方を素直に向かうわけがないので後ろに回り込んで切りかかる。

「よし!2体目だ!」

だが2体目を倒した頃には降り注いでいた石は尽きてしまっていた。

「ゴギャ!」

3体目の最後のゴブリンは僕に向けて棍棒を持って襲いかかって来た。ゴブリンは倒れている2体のゴブリンを見て怒りを露わにして僕を睨みつけてきた。

「ゴギャ!!」

「おわっ!」

ゴブリンは僕に向けて棍棒を振り下ろした。だけどゴブリンの振りが大きいので躱すことは簡単に出来た。

「うぉ!」

大きな振りで振り下ろされた棍棒は地面に打つかると周囲に風が吹き僕はバランスを崩し反撃することが出来なくなってしまった。

「くそ!」

「ゴギャ!」

ゴブリンは僕の方に首を向けてギロリと睨むと棍棒を持ち直し再び僕に向かって襲いかかって来た。

「よ!」

今度は少し余裕を持ちゴブリンの棍棒をかわしてゴブリンに向かって剣で切りかかる。

「そこだ!」

僕はゴブリンの棍棒を振り下ろすタイミングを掴んで来たので積極的にゴブリンに向かって剣で反撃していく。

「はぁぁぁ!」

僕はゴブリンが棍棒を振り下ろそうとした瞬間に剣を大きく振りかぶりゴブリンに向かって切りかかった。

「ゴギャ」

ゴブリンから血が吹き出し倒れていった。

「よっしゃー!倒せたぞ!」

僕は3体目の最後のゴブリンを倒すことが出来た。

「冒険者カードを見てみるか」

僕はゴブリンを倒したことが本当に冒険者カードに記録されているか確認してみることにした。

「本当に記録されてるな」

冒険者カードにはしっかりとゴブリン三体の討伐したことが記録がされていた。

「それじゃ魔石を取って街に帰るか」

今回はアイテムドロップすることは一体もなかった。なのでゴブリン達の死体はそのまま消えずに残っていた。大抵のモンスターには魔石が埋め込まれている。魔石は魔力がこもっているので魔道具のエネルギーとして使われるので魔石は売買することができるのだ。だがゴブリンは売買されていないのでそのまま放って帰ることにする。魔石を抜かれたモンスターは体を保つことが出来ず次第に消えていくので放置して帰っても大丈夫なのだ。

「これで今晩の宿代になればいいんだけど」

僕はこの血避けの剣を買った時にお金を使い所持金がほぼゼロの状態だったのでこの魔石を売った時のお金が宿代にまでならなければ野宿する羽目になるので、どうかどうか宿で泊まれますようにと祈りながら街にまで帰っていった。

「封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く