封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!

感想待ち!

9話

「それじゃさっそく依頼を受けるとするか」

僕はお金を稼ぐために依頼をさっそく受けることにした。僕が孤児院で貯めたお金はこの街で宿を取っているとすぐにでもなくなってしまうので今からお金を稼ぐことにした。

「さっきみたなかだとゴブリン討伐にするか」

僕はさっき受けられる依頼を見ていたのでその中からゴブリン討伐の依頼を受けることにした。

「その前に武器屋に向かうか」

僕はゴブリン討伐の依頼を受けたのでさっそくゴブリンを討伐するために街を出ようとしたのだが、その前に武器を買うことにした。

前にゴブリンを倒した時にドロップした疾風の短剣だけでは心許ないし、石は仕掛けるのに時間がかかるし何体も一斉に来られると手に負えない可能性がある。

そのため僕はゴブリン討伐に向けて新たに武器を買うことにした。

「いらっしゃい!」

僕は近くにあった武器屋に入ってみることにした。僕はこの街に来てまだ1日も経っていないので詳しいことがわからないのでどの武器屋がいい店なのか、どこの武器屋は高い、質が悪いなどは分からないのでとにかく近くにあった武器屋に入ってみた。

「オススメってありますか?」

僕は売り子をしていた女の子にオススメの武器を聞いてみることにした。

「お客さんは冒険者なりたてだよね!」

「はい」

僕が冒険者なりたてだということが売り子にバレていた。まぁ見ていて年も若いし武器も持っていなかったら初心者しかも冒険者のなりたてだということがわかったのだろう。

「それならこれかな?」

売り子さんから渡されたのは一本の剣だった。

「これは血避けの効果がある剣なんだ」

僕が渡された剣には血避けの効果がある剣だった。血避けの剣とは剣に血がつくことがない剣のことだ。

「初心者が経験を積むにはたくさんのモンスターを相手にするからそのための剣だよ」

確かに冒険者のなりたては経験を積むためにたくさんのモンスターと戦って経験を積むのだ。そのためたくさんのモンスターと戦っているとモンスターの血が剣に固まり使い物になることがある。それを防ぐために血避けの効果がある。

「へぇ~すごい剣なんだな」

確かに血避けの剣は素晴らしい剣だった。血避けの効果だけじゃなく剣自体が凄いものだと剣の知識がない僕でもこの剣は素晴らしいものだと思った。

「わかる?わかっちゃうか~そうなんだよ!この剣は凄いんだよ!」

売り子は僕がこの剣を凄いと褒めていると嬉しそうにニヤケていた。

「それじゃ買っていくかい?」

「うん!」

僕はこの剣を買うことにした。

「毎度あり!」

そのため僕は手持ちの八割のお金を失ってしまった。

「それじゃ今度こそゴブリンを討伐しにいくか!」

僕は失ったお金を稼ぐために街を出てゴブリンのいる森へと向かっていった。

「封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く