封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!

感想待ち!

6話

ゴブリンを倒してから僕は街に向かっているとあることに気がついた。

「ん?なんかいつもより早くなったかな?」

僕はいつもより早く走れているような気がしたのだ。

「なんでだろう?」

僕はなぜ突然、いつもより早く走れるようになったのか考えて見た。考えている間も早く街につきたいので走るのを止めていない。

「あ!?わかった!」

僕はなぜ早く走れているのか思い当たる事が一つだけあった。それは僕がさっき倒したゴブリンからドロップした短剣の効果である。封印したときに封印したものがなんとなくわかるようになっているのだ。例えば石を封印したらどの数の石を封印しているのか数えなくても感覚でわかるようになっている。今回も封印した短剣のことがなんとなくわかっているのだ。今回封印した短剣は普通の短剣ではなかった。今回封印した短剣は『疾風の短剣』という短剣だった。

「疾風の短剣は早くなるんだったよな」

疾風の短剣は持っていると速くなるという効果があったのだ。例えばこの疾風の短剣を持っていると走るのが速くなったり、剣を振るう速さだったりが上がるというこうかをもっている効果があるのだ。だが僕は持っているのではなく自分の体に封印しているのだが、それでも疾風の短剣の効果は発揮されているようだった。

「ひゃっほー!」

僕はいつもより走れるので街に向かって全力で走り出した。

「ここが街か~!」

僕は街に向かい全力で走って行くと予想より速くに街に着く事ができた。これは疾風の短剣のおかげだろう。

「大きいなぁ~!」

僕は今まで村の孤児院で育ってきたので、村しか知らなかった。だが街は村とは違い侵入者を防ぐための壁や、街の中を出入りす門は村とは違い何もかもが大きく違っていた。村のさびれた柵とは大違いだった。

「それじゃ街に入るか!」

僕は街に入るためのお金を持って門の前にて向かって行った。

「やっと僕の番が回ってきそうだな!」

街に入るための門の列に並ぶこと数十分が経った。ようやく僕が街に入るための列の先頭になった。

「はい、身分証を出してもらえるかな?」

「いえ、持ってません」

街の入場を管理している人から身分証の提示を求められたが僕の村にはそんなもの必要にならなかったので持ってはいなかった。

「それじゃ銅貨3枚出してもらえるかな」

「はい!」

「よしこれがこの街の身分証になるからなくさないような」

僕は持っていた銅貨を3枚渡してこの街の身分証を渡してもらった。

「ようこそ!カルボの街へ!」

僕は兵士の人にカルボの街へと迎えてもらった。

「封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く