封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!

感想待ち!

5話

僕が封印のスキルの戦闘への活用法を思いついてから街へ向かって入る途中に小さな影を見つけた。

「なんだろ?」

僕はその小さな影を何か見るために近づいてみると

「ゴギャ」

僕が影に近づいてみるとその影の正体がわかった。その影の正体はゴブリンというモンスターだった。

ゴブリンは緑色の肌をしている小人のモンスターだ。このゴブリンというモンスターの特徴は繁殖能力がとてつもなく優れているところだ。だがこの繁殖能力が高い事によって人間まで襲ってまで繁殖しようとするのでこのゴブリンは討伐対象になっているのだ。

「よし、見つかってないな!」

僕は影の正体がゴブリンだった事に驚いたが、すぐにゴブリンに気づかれないように身を潜めた。そのおかげでゴブリンには気づかれてないようで、ゴブリンは夢中になって木の実を食べていた。

「それじゃ戦ってみるか!」

僕はゴブリンと戦ってみる事にした。ゴブリンはそんなに強くないモンスターだ。強くないと言っても油断していれば負けてやられてしまう可能性があるのだ。

「まずは封印解除」

僕は体に封印していた石を取り出した。

「そしてここに意思を封印してっと」

僕は軽くゴブリンに意思を投げてゴブリンに当たる前にその石を封印した。それによって石はゴブリンに当たる前に動きが止まった。

「よし、僕は反対側に回って」

そして僕はゴブリンに気づかれないように僕がいた場所の反対側に回る事にした。

「次はここも石を投げて封印」

僕は反対側に回ってゴブリンに石を投げて当たる前に封印をした。

「そして僕は見つからないように隠れてっと」

僕はゴブリンに見つからないように身を潜めた。

「よし、準備完了だ、封印解除」

僕はゴブリンを倒す準備が完了したのでまずは最初に投げた石の武器を解除した。

「ゴギャ?」

封印を解除した石はゴブリンに向かって飛んで行った。そしてゴブリンに石が当たるとゴブリンはすぐに後ろを振り向かったがそこには誰もいなかったので首を傾げているところに

「封印解除」

僕は反対側に封印しておいた石の封印を解除した。そして石はゴブリンに向かっていき、そのままゴブリンの当たった。

「ゴギャ!」

石が当たってまたまた振り向いたがそこには誰もいなかった事にゴブリンか怒り出した。

「ここだ!」

僕はあらかじめ封印解除しておいた石をゴブリンに向かって投げ出した。

「ゴギャ!」

怒っているゴブリンは石が飛んでくる方に、僕の方に向かって走ってきた。

「トドメだ!封印解除」

僕は普通の石ではゴブリンを倒すことが出来ないとわかっていたので、僕はゴブリンにトドメをさす手段として上に向かって石を大量に投げておいたのだ。その石の量はゴブリンを潰すのに十分な量だった。

「ゴギャ?」

ゴブリンは上から石が降ってきた事に驚いて、石が落ちてきた上を見てみると、そこに大量に石が自分に向かって落ちてきていることに気づき逃げようとしても遅かった、一つまた一つとゴブリンに向かって石が降り注いでいく。

「よし、ゴブリンを倒すことができた!」

僕はゴブリンを潰していた石を自分の体に封印した。

「お!魔石と短剣か!」

ゴブリンを潰していた石を退けてみるとそこには丸い石、魔石と短剣が置いてあった。

この世界のモンスターは倒すと煙となって消えていきアイテムを落とす事がある。これはレアで基本はそんなことはなく普通に死体となって残っているのだが時々こうしてアイテムを落として消えていくときもあるのだ。こうして消えて行ったときに落としてあるアイテムはレアなものが多いと言われている。

「よし、それじゃ行くか!」

僕は短剣と魔石を自分の体に封印して冒険者になるために街に向かって歩き始めた。

「封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く