封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!

感想待ち!

4話

「よし、これは武器になりそうだな」

僕は飛んで行った石を見て思った。飛んで来た石が突然目の前で止まったと思えば急に動き出す。それだけで相手は驚き、その間に僕は相手をやっつけたり、逃げたりすることができるのだ。

「そのために石はたくさん持って行きたいんだけどな~」

僕には剣といった武器を持っていないのだ。そのため僕には武器となる石を護身用として持って行きたい。だがポケットに入る石では大きさが小さくて数も限られるし動きにくくもなる。そのため石を邪魔にならないようにして持っていく方法を考える必要があった。

「ん~そうだ!」

僕はある方法を思いついたので持っていく石を集めることにした。これが上手くいくと持っていく石は邪魔にならないし数もたくさん持っていくことが出来るようになるはずだ。

「よし、たくさん集まったな」

持っていく石を集めると結構な量になってしまった。だがもし僕が考えている方法が上手くいかなかったら石を集めた労力と時間は無駄になってしまう。だが僕には必ず上手くいく自信があった。

「《封印》」

僕が集めて石の山に手を当てて封印と唱えた。

「よし、うまく行ったな!」

僕が封印と唱えた後には目の前にあった石の山は消えていた。

「僕の体に上手く封印することができた!」

僕は自分の体に石を封印した。最初は服にでも封印して見ようかと思ったがなんとなく感覚で無理だと感じたので僕は自分の体に封印することにした。これは自分の中でいけると感覚があった。こうすることによっていつでもどこでも自分の体に封印した石を取り出すことができる。だがこの方法は無限に石を封印することができるわけではない。だが僕が集めた石の量ではまだまだ限界になった感じはしなかった。

「よし、これで武器は確保できたな!」

僕の体に大量の石を封印することができたので、石を大量に持つことができた。これにより僕は自分の力を守るための武器を持つことができた。

「よし、これで封印のスキルを戦闘に活かすことが出来そうだ!」

これにより僕は封印のスキルを戦闘に活かすためのアイデアが浮かんできた。

「ひとまずは冒険者になるために街を目指すか!」

僕は封印のスキルを戦闘に活かすためのアイデアが浮かんで来たのでさっきまでとは違い街を目指していた僕の足は軽くなっていた。

「封印のスキルで僕の体になんでも封印し最強に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く