存在定義という神スキルが最強すぎて、異世界がイージー過ぎる。

つうばく

第10話 「RPGって良いね」

はい、元気100倍シンパンマンでーすぅ。
【存在定義】を使って【安眠】と【経験値上昇】を作ったお陰で、超テンションアゲアゲ。
それに、ぐっすり寝れ、その間に経験値が上がっていくという最強コンボを見つけ出した。
これ皆やったほうが良いよ。
寝れば強くなるなんて、もう最強。

それに、昨日の狩りでレベル物凄く上がってました。
レベル1であのステータスなのに、更に上がるって。
……俺、どこ目指してるんだろう。

それ以外思い浮かばないです。
誰か解決方法を!

まぁ、それは良いとして。
今日は黒の樹海という高難易度の場所に行きたいと思いまーす。

理由はかれこれ1時間前──







「ヒナさんいますか?」
「ギルドマスターは今、急な出張に行かれております。夕方には帰って来られるますよ。何かあるなら伝えておきますが」
「ああ、大丈夫です。そこまで大事じゃないんで」

金が関わっている事なので大事かもしれないが。
というか、自分から言っておいていないってどうなんだ?
少しお仕置きを与えたいなぁ。
あっ、駄目な意味じゃないですよ。
仕事を増やすとかそういう意味で。

そうだなぁー。
凄い量の魔物を売りに来るとか、高レベルの魔物売りに来るとかが妥当かな。

「……高レベルで良いか」

どうせ、このステータスなら少し強くても行けるだろ。
最悪、【存在定義】で何か創れば良いし。

「すみません。今ある中で一番難易度高いのってどれですか?」
「そうですね……今現在ですとギルドからの依頼で出しているこれですね」

そう言って受付の子が渡してくれた、紙に俺は目をやる。
内容は、

『〝黒の樹海〟の攻略』

それだけだった。
報酬や、指定ランクなどは全く書かれたいなかった。

「これってどういう事ですか?」
「それはですね、黒の樹海という場所には特別な魔法が掛けられていて、見た目よりも物凄く広いんですよ。ですが、それはもう広過ぎて、まだ行き止まりという奥が見つかってないんですよ。なので、どれくらいで終わるのかという推定が出せない、という感じで、あんまり書いてないんですよ」

ほほぉーう。
それは何か楽しそうだ。
これをクリアすれば、この世界で初って事になるんだよな。
俺、偉大な事する。
……響きが良い。

それに、情報が少ない依頼ってどこかワクワクする。
こういうのもっと欲しいなぁー。

「まぁ、これを書いたのがヒナさんっていうのが一番の原因なんですがね」

前言撤回。
しっかり仕事しろや!
こういうの増えるイコールヒナさんが仕事してないって事じゃねぇか。
帰ってきたら言ってやろう。

「じゃあこれ受けさしてもらいますね」
「はい。ここの魔物は強いって聞きますので、気を付けてくださいね」

優しい。
こんな風にヒナさんもなってくれたらな。
……無理か。人使い絶対荒らそうだしな。

じゃあ、行くとするか。








──という感じで今俺はここにいます。

あの受付の人は言わなかったが、どうやらここは結構なやり手の冒険者が来るところらしい。
中には有名な人も通うほど。

この情報?
門番に聞きました。
本当に、俺のイメージとは門番が全然違って良かったわ。

「では、行きますか」

軽くステップしながら俺は入っていった。
何故って。
そんなの、俺が頑張って戦えるぐらいの魔物がいるかもしれないから。
いやぁ、いてくれたら良いぐらいの感覚だけどね。


ここからは、飽きるまではRPG風にいこう。


「前方から蜘蛛の魔物が出てきた」

「シンは水属性魔法で魔物の核を撃ち抜いた」

「シンはレベルアップした」



「囲まれるように狼の魔物が出てきた」

「シンは水属性魔法を繰り出しながら回って全ての魔物を倒した」

「シンはレベルアップした」



「前方にドラゴンが出てきた」

「シンは雷属性魔法でドラゴンを倒した」

「シンはレベルアップした」



「経験値ガッポガッポの黄金のスライム集団に囲まれた」

「シンは銃を創り出し全て撃ち抜いた」

「シンは凄くレベルアップした」



この辺で気づくことがあった。

「……多分、今のボスな気がする」

ドラゴンが出てきた。
その時点でもう最後っぽい。
その後に、経験値上がりまくりのスライムの集団。
これってご褒美って考えるのが一番正しい気がします。

「まぁ、一応先はあるんだし進むか」

そう、まだ奥は続いているのだ。
何か嫌な気がするが。
歩く事少し。
ここで数分など言わない。
だってそんなに歩いてないもん。

歩いてない理由。
そんなの前に転移魔法陣があるから。
やっぱりこれで終わりだった。

「じゃあ帰りますかー」

俺は転移魔法陣を起動し、元の場所に行った。
──と思っていた

「存在定義という神スキルが最強すぎて、異世界がイージー過ぎる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く