俺の転生体は異世界の最凶魔剣だった!?

まさみゃ〜(柾雅)

閑話的な何か 一章の粗筋的な奴

 主人公である《織界オリサカ 圭人ケイト》はある雨の日、神社で雨宿りをしようとした際に雷の直撃によって死亡。焦げ肉になってしまった……
 気が付くと圭人は白い部屋で寝かされ、他には物騒な物を色々と持っている少女がいた。少女は圭人がいつも参拝していた神社の名も無い神だった。
 その少女の信者はおらず、圭人の無意識の信仰によって存在が保たれていたらしい。しかし圭人が死んでしまった今、彼女は消滅してしまうので、今まで存在を保たせてくれたお礼として、彼女を桐花と呼んでいる友人の女神ティーナのつてで圭人を転生させることにした。
 圭人は桐花を口説き落とし(おい)、圭人に惚れた桐花は圭人に神力を渡すと同時に右頬に口付け。そして消滅してしまった。
 そして圭人はティーナの転生神の力つてによって異世界に生を受けた。







 転生が終了し意識が覚醒した圭人は周りの風景を見て驚いた。何故なら辺りは真っ暗な闇が広がっており、身体は自由に動けなかったからだ。更に少しして、視覚が環境に適応できた圭人は意識を足下に向けると剣の刃がハッキリと見えたのだ。そこでティーナが言っていたことを圭人は思い出した。『転生体は人間とは限らない』という事を。
 その後、VRのゲームの様にステータス画面の様なものが圭人の視界に現れた。

因みにコレが表示されたステータス

 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 
 【ステータス】
 《魔剣:メラン=サナトス》ヴィジレンスSSS 
 耐久:不明  所持魔力:不明
 スキル:〈黒死の霧〉MP4000
     〈死の影剣〉MP5000
     〈禁忌の接吻〉MP5500
     〈死神の眷属〉MP60000
 EXスキル:〈人化みたいなもの〉MP666
 パシッブスキル:〈強靭〉〈不滅〉〈耐久吸収〉〈魔力吸収〉〈攻撃力上昇〉〈聖属性無効〉〈呪属性無効〉〈桐花の加護〉〈強制言語翻訳(読)〉〈強制言語翻訳(書)〉〈魔素変換〉
 称号:〈女神を口説いた者〉〈災厄の魔剣〉〈最凶〉〈黒死病〉〈死神の劔〉〈異世界の意識〉
 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 

 それは圭人が認識し、理解して覚えた後に消えた。彼はそのままEXスキルにあった〈人化みたいなもの〉を使用し、不完全だが人型になれた。その後、圭人は探索と言う名目の暇潰しをしていた。また、自分が今居る洞窟が『封印の祠』と呼ばれる事を知った。
 そして…………なんか面倒臭くなって来た。止めよう。

 「なんか今までの出来事を物語の粗筋風に回想をしようと思ったけど、面倒臭いな……特にチャビィとか、チャビィとか、チャビィのこととか……」

 馬車の席で仔蜘蛛を撫でながら俺は呟いた。揺れる馬車の中は静かで、アルガンスとキリカは現在お昼寝タイムの様だ。アルガンスは色々と疲れているだろうし眠くなるには当たり前か。しかし、キリカ。君は何故そんなに無防備なんだ?誘っているのか?だが俺は手を出さない。何故なら、寝ている時の反応より起きている方の反応の方が断然可愛いからだ。紳士は理由にならないよね?

 「そう言えはお前の名前、まだ決めていなかったな。なるべく早く思いつけば良いけど……」

 現在の俺の天使仔蜘蛛の姿は、一言で言えばタランチュラだ。あの、如何にもモフモフしていそうなタランチュラだ。そして、アルビノもさらに可愛いタランチュラだ。しかし最近になって気が付いたことなのだが、この仔の毛に白色の毛が混じっている様なのだ。だが抜かない。だって可哀想なんだもん。

 「それにしても、お前はお前の母を殺した俺が憎くないのか?」

 撫でられて気持ち良さそうにしている仔蜘蛛に、俺は帰って来るはずもないのに質問を呟いた。そして直ぐに馬車の中は揺れる音がする以外静かだった。
 今思えばこの会話の無い時間は懐かしい寂しさだと思う。そして、その時間は俺と言う性格を形成した。今まで、この世界での自分の行動を思い返せばマトモでは無かったと思う。俺は何に興奮していたのだろう。俺は何の為に生きていたのだろう。そんな考えが、馬車の揺れる音と共に浮かんでは沈み、浮かんでは沈んでいる。

 「あまり前世の事を思い出したく無いんだよな………」

 そう囁いた言葉は馬車の中で虚しく響き、揺れの音で直ぐに掻き消される。

  寂しい空間。

 どうやら仔蜘蛛も寝てしまった様だ。今は俺の膝の上で寝ている。おっと、そろそろ王都に着くそうだ。御者さんがそう言って、アルガンスとキリカを起こすように頼まれた。

 「この王都にある学園で、この世界の事を学ばないとな……さて、2人を起こすか」

 ここでスキル〈音響砲ハウリング〉を起動。規模を最小限に、音量は2人が飛び起きる程度、対象外の空間で仔蜘蛛と御者さんと馬を保護。後は……

 「スゥ……ワッ!―――――」






 その後滅茶苦茶怒られた。だが、反省はしない。だって、キリカの「ピエッ⁉︎」って言う反応が面白可愛いかったんだもん。
 さて、街に入れたけど何処の宿に泊まろう?

「俺の転生体は異世界の最凶魔剣だった!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く