俺の転生体は異世界の最凶魔剣だった!?

まさみゃ〜(柾雅)

11 意外と良い人

 朝、俺は玄関前に置いておいた彼等の様子を見に屋根から降りる。

 「あーあ、結構出血してるから気絶してる……ま、早めに応急処置はしておいたから死にはしないけど」

 もう少し加減を考えないとな……本体の持っているスキル強力過ぎる……

 「さて、この2人を中に運ぶか」

 俺はそう呟いて屋敷に彼等を引き摺り込む。そして扉を閉めた時背後から声が掛かった。

 「お疲れ様です。あとは私共が地下室へお運びいたします」

 「うおっ、あ、はい。よろしくお願いします。あと喉に回復魔法かけておいてください。俺の場合威力か小さくてそこまでは治せないので」

 「畏まりました」

 そう言って従者の男性が黒い人2人を地下室へ運んで行った。

 「あとはナザルさんに報告するか」

 そして俺は他の従者の人に道を尋ねながら執務室に向かった。







 ―執務室前―
 俺は執務室の扉をノックする。

 「ケイトです。昨夜の警備の報告に来ました」

 そう言うと「ああ、入っても構わないよ」と返ってきたので俺は扉を開ける。

 「失礼します」

 初めてみる部屋だが内装は前世にあった資料と同じ造りだった。

 「警備の報告です。昨夜、不審人物が3名屋敷の後方から来ました。2人は現在地下室へ運ばれましたがもう1人は何もせずに逃げました。目的は昨日、私が言った通りの内容でした」

 一先ず報告は終わった。

 「そうか、その人達は依頼で来たのか?」

 ナザルさんから質問が来た。俺は特に隠さなくていいと思ったのでそのまま話す。

 「成る程……チャービィ・ナライ=デルゴ…か………厄介だ。それにしてもこの手段でキリカを狙うと言うことは何か焦っているのか?いやしかし…………」

 「失礼ですが、その、チャービィ・ナライ=デルゴとは誰の事ですか?」

 「ああ、そう言えばケイト君は領主様の名前を知らなかったね。ちなみにうちはそれの分家」

 マジか。あの肥えた人の名前だったのか……名前で体型は予想してたけどまさか領主様だったとは…………

 「そ、そうですか………」

 なんとなく関係図はできてきた。あとはチャービィの息子さんが良い人ならやり易いんだけど…………

 『おい‼︎この俺を誰だと思ってやがる!さっさと俺の妻に会わせろ‼︎』

 玄関ホールから若い男の声が響いてきた。恐らくチャビィの息子だろう。どうやら親が歪んでいれば子も歪むのか………
 俺は急いで玄関ホールへと向かった。







 ―玄関ホール―
 「使用人風情が!黙って俺の妻を連れて来い‼︎」

 ヤンチャな奴だな〜。あ、カレアさんだ。ちょっと話を訊くか。

 「カレアさん、さっきから叫んでいる彼は誰ですか?」

 「彼はね、アノ馬鹿領主様の息子よ」

 「止めなくて良いんですか?」

 「勿論、そろそろ止めるわよ」

 そう言ってカレアさんは威圧を放ちながら階段を降りる。

 「アルガンス様、さっきから妻、妻、妻と仰っていますがウチにはそのような者は居りませんが、何方かしら?」

 「それはキリカに決まっているだろ‼︎」

 おお、カレアさんの威圧を何も感じていないよこの人。

 「キリカが貴方の妻?未だ婚約もしていないでしょう?」

 それにしてもアルガンスだっけ?此奴、結構気に喰わない……顔が良いから嘸かし学校ではモテモテだろうな………それに性格も嫌悪感しか覚えない。まだ世界が自己中心的にしか見えていないな…この歳になても……

 「結果的にそうなるんだよ!絶対に」

 「残念ながらキリカは心に決めた彼にしか興味がありません。なので、彼に勝ったら考えて差し上げましょう」

 カレアさんが俺を指差しながらそう言った。え……巻き込まないでくださいよ………ほんと近付くだけで身の毛が捩るんで……

 「俺…ですか……」

 取り敢えず第一印象をやる気のない風にしておく。

 「ハッ、こんなだらしない奴か。話にならんな、やはり俺の方がいいだろう」

 その言葉を聞いてさらに毛が逆立つ感覚に襲われた。

 「鼻で笑われた……ハァ…自分至上主義でおめでたい頭ですね………反吐がでる」

 自分の事しか考えずに他人に干渉してくる人は前世にも多かった。だからか、アルガンスからもそんな匂いがして苛立ちも覚える。

 「何⁉︎貴様、この俺の頭がめでたいだと!」

 沸点低な〜此奴。

 「あの、俺は貴族じゃ無いんで『貴様』は使い方が間違ってますよ」

 だから決闘を向こうから申込むまで苛立たせる。俺が先に爆発したら負け……我慢我慢……

 「貴族では無いだと‼︎ではどうやって俺のキリカを誑かした‼︎」

 何言ってるんだ此奴。キリカとはまだ婚約もしていないのに。

 「俺のキリカって、キリカは貴方と婚約していないでしょう。キリカは貴方のものでは無い。貴方がキリカを手に入れようとするなら俺はその手を切り落とすだけだ」

 あ、アルガンスの顔が歪んでいる。この後は決闘を申し込んでくるか勢い良く帰って行くか……

 「こうなったら決闘だ‼︎力の差を見せつけてやる!」

 そう言って、アルガンスは俺に手袋を投げつける。

 「その決闘受けましょう。但し、俺が使う武器は木剣です」

 親に甘やかされて育ったボンボンが…………後悔しても知らないからな。

 そして外に移動した。

 「それでは立会い人は私が行います。ルールは3つ、1つ、相手の殺生の禁止。2つ、中級以上の魔法の発動は禁止。3つ、相手の降参もしくは戦闘継続不可で終了。以上となります」

 カレアさんが立会い人か……ならバレない程度に叩きのめすか。

 「アルガンス様はこのルールで宜しいでしょうか?」

 俺はアルガンスに確認を取る。

 「俺は一向に構わん!さっさと始めろ‼︎」

 アルガンスはもう自分の剣を構えてる。俺は……適当に構えておくか。

 「それでは双方共に構え!」

 「あ、先手はどうぞ」

 俺は敢えて先手を譲る。

 「そんなに余裕か‼︎」

 アルガンスは勢い良く走って突進してくる。速さ的に〈身体強化〉を使っているのがわかる。

 「そんな突進、簡単に避けられますよ」

 俺は〈思考加速Ⅰ〉と〈身体強化Ⅰ〉を発動して右にずれる。そしてアルガンスはそのまま通り過ぎてしまう。

 「まだまだ‼︎ファイヤーボール!」

 アルガンスは初級魔法のファイヤーボールを6つ同時に飛ばしてきた。本当はここで〈境界生成〉で取り込みたいところだけど、ちょっと面白いことを思いついた。

 「ウォーターボール」

 俺は見様見真似で水属性の初級魔法を発動する。俺が水属性の魔法が使えるのは毒属性が水と闇で出来ているからだ。
 なので俺は普通にウォーターボールを6つ同時に発動し、飛んでくるファイヤーボールに向かって飛ばす。

 「なに⁉︎何故お前みたいな奴が無詠唱で魔法を発動できる‼︎」

 何故って言われてもね……元々この体は魔素から構築されてるし……昨日、悪魔学の基本を教わったからかな?

 「正直に言いますけど、祠の魔物の方がもっと手強かったですよ。もう準備運動もお仕舞いにして本気でやります」

 そう言うと、アルガンスはいきなり50本の火の槍を飛ばしてきた。

 「おや?接近戦はもう最初の突進で終わりですか?やはり所詮は親の脛を嚙るボンボンか。だから遠距離でしか攻撃できないんだな」

 火の槍をウォーターボールで次々と消火しながら俺は言う。

 「黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ‼︎」

 「そう、それで良い!怒りに任せて剣を振りまくってくれ……そうで無いと砕き甲斐が無い………」

 俺はいつの間にか狂気に呑み込まれていた。いや、これは狂気では無いのだろう。だって、俺にはまだ理性が残っているのだから。そう考えると、これは今までの俺が作った俺の本性なのだ。俺はそれを否定したい。しかし、否定出来ない。俺は心の何処かでこの感覚を受け入れようとしているのだろう。ならこの感覚に身を任せて戦闘するのも悪くは無い。
 俺はアルガンスの振るう剣を丁寧に木剣で受け流していく。

 「何故だ何故だ何故だ何故だ何故だ何故だ何故だ何故だ何故だ何故だ何故だ何故だ何故だ何故だぁぁぁぁ‼︎」

 アルガンスは乱暴に剣を振るう。横、縦、突き、横、横、突き上げ、縦、横……桐花様の加護のおかげか、太刀筋がよく見える。改めてこの攻撃を受けていると、アルガンスが優秀だということがわかる。だが、少しおかしい。自然の様でなぜか不自然だ。

 「なかなか良い剣だけどっ、そろそろ終わりにしましょうか」

 俺は振り下ろされる剣の柄に目掛けて木剣を振り上げる。そしてピンポイントでアルガンスの手に当たる。俺の木剣がアルガンスの手に当たると、剣はアルガンスの手から離れ落ちる。俺はそこから空気中の水分を凍らせて、小さな氷の杭を作りアルガンスの喉に当て押し倒す。

 「降参……します?」

 笑顔で俺はアルガンスに問う。

 「チッ、降参だ…………」

 [スキル〈氷杭アイスステイク〉を入手しました]

 やった、新しい魔法覚えた。あ、水属性って事は回復系や時間系も頑張れば覚えられるかもしれない。

 「勝者、ケイト。……アルガンス様、これでこの者が貴方よりも強いことが証明されました。命が惜しければ、どうかお引き取り願いますわ」

 と、カレアさんは威圧を放ちながら言う。コワイ………

 「っ…………分かった。と言うより、俺がどうかしていた……怒りに身を任せすぎた。お前も悪かった」

 意外な反応だった。もしかしアルガンスって良い人?アルガンスなのに?

 「いえ、こちらこそ色々と申し訳ありません。あと、申し遅れましたが、俺の名前はケイト=オリサカです。俺の方も要反省ですね」

 俺は苦笑いしながら頭を掻く。それにしてもさっきの感覚はなんだったんだろう…………

 「さて……そうなると問題は父上か………」

 アルガンスが何か言う。

 「デブチャービィがどうしたのかしら?」

 カレアさんが通常モードでアルガンスに質問する。

 「詳しい事は良く分からないが、何やら裏でコソコソとしているみたいで。それに最強の魔剣がなんやかんやと」

 やっぱりチャービィは魔剣を狙ってたのか……

 「最強の魔剣?最凶の間違えじゃ?」

 俺は空中に水魔法で文字を描きながら言う。

 「そうなのか?俺は父上に聞いてみたら凶では無くて強の方だったが……」

 「ああ、それわね、ケイトくんのが正しいのよ。チャービィが欲しがってたのは《魔剣:メラン=サナトス》って言って、使用者にも危険が及ぶ毒と死の属性を持った災害級指定魔物にも指定されているのよ。因みにケイトくんの腰に下げている剣はウチの家宝、《魔剣:メラン=サナトス》だから♡」

 最後に♡がついていた気がするが気のせいだろう。って魔物判定だったのかこれ………

 「そうか……では俺が父上を止めなければこの地は危ういかも知れん……」

 アルガンスはそう言って帰ってしまった。俺が腰に下げている魔剣の事や家宝だと言うことに気に留めずに……

「俺の転生体は異世界の最凶魔剣だった!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く