転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

学園編第六章 敵国の醜さ、そして資格

クソ王子視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本国にて、王子は帰ったあと、侍女に八つ当たりをしていた………

「クソ!クソ!クソ!余は力ある軍事国エル・ダロアの王子ぞ!何故そのような余が!こんな無下に扱われねばならぬのだ!何が邪竜だ!そんなもの我が国の軍事力からすれば塵芥に過ぎぬ!全部あの者のせいだ!あの邪竜とやらが余からシスティーナを奪い去った!あの愚かな王を調子付かせおったのだ!」

「きゃあ!お、おやめください陛下!い、痛い!痛いです!」

「クソ!クソ!クソ!クソ!」

《認証しました、個体名:ブロスト・Y・エル・ダロアは大罪スキル:『嫉妬之傀儡レヴィアタン』を獲得しました》

「おお!この力だ!この力さえあれば世界の全てさえも手に入れる事すら出来る!その邪竜とやらを殺し、システィーナを、いや、英雄として世界を手に入れる事すら出来る!」

《認証しました、個体名:ブロスト・Y・エル・ダロアは大罪スキル:『強欲之傀儡マモン』を獲得しました》

この時、糞王子ブロストは気付いていなかった………大罪スキルの内、大罪の名前以外に傀儡とついてる意味を………

本来の大罪スキルはその罪だけがスキル名となるが、そのスキルの傀儡というのはその感情に支配され、欲求を満たさないと発生する痛みによって死ぬまで開放されない地獄を味わう事になると言うことを………

レヴィアタン視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あの…王様?流石にあそこまで泣かれては流石に心もめちゃくちゃ痛むのですが…………」

「安心せい!そのくらいの覚悟でやらんと王族として、お主のような化物と婚約は出来んわ!」

何処に安心しろと?それ以前に………

「あの………さっきも言った通り俺はシスティーと婚約するつもりは無いのですが…………」

「何?我が娘では不服と?」

「いえいえいえいえ!?もちろんそんな事はありません!」

「ならなぜだ?言っておくが我が娘はこの国一番の美女と評判なのだぞ?」

「俺にはシスティーと婚約するような資格なんてありません。あなたには嘘は通じなさそうなので言いますが俺は転生者…………それも異世界から来た者です、俺はこの世界についてよく知りません、そして、この国にも何も貢献はしてません。そんな俺が居たところでシスティーにとっての障害にしかなりません、だからこそです。」

「とはいえ、貴様は人間ではない、だからこそ人の決めたルールになど従わなくとも良い、そして我が国に関してもこれからそなたはこの国を救う英雄となるだろう。前世があろうが無かろうがそんな事はどうでも良かろう…………そんな者に資格が無いだの言うのは国としての恥だ。それにシスティーナは満更でも無い様子だったがな」

そんなはずは無い、俺は災いを呼ぶだけだ、それにシスティーナがそれを望むなんてのはただの冗談だろう…………

「ともかく私は影から守らせて頂きます、しばらく学園には通えませんが、そこは支援してもらえると助かります」

「ふむ、考慮しよう、して作戦はあるのか?」

「あぁ、それならご安心を俺一人で片付けて来ますので」

「は?」

「いえ、ですから俺一人で片付けて来ますのでご安心を、あっでも多少心配なのでここには一人おいて来ますので」

「あの軍事国をたった一人で滅ぼせると言うのか?」

軍事国?あの程度でなにを馬鹿な

「ふふふふふ、あの程度で軍事国ですか?笑わせてくれます」

「なんだと!?ではそなたの世界はもっと先の技術を持っているのか!?」

「もっと先?何を言っているのですか?十数世紀先の技術ですよ?俺の世界には魔法なんて物はなかった、だからこそ技術が進歩した、物質世界を知り尽くした世界ですよ?人の病すら自由に操る事も出来ますからね?」

「そんな事が出来るのか!?」

「ええ、なんなら跡形も無く滅ぼして来ましょうか?まぁ、そんな事したら世界に敵対する事になるのでやりませんが」

「そ、そうか」

「王よ!俺の隠れ蓑…………もとい後ろ盾になればこの国に繁栄をもたらそう!」

「良かろう!余はそなたの正体を言いふらさぬと誓おう!我が国に繁栄を!」

「いいでしょう!俺はあなたの国に繁栄をもたらすと誓います!」

「あとはそうだな…………システィーナへの言い訳どうしよう………」

「ッ!す、すまぬな………」

「いえいえ、俺も共犯ですし」

「ならば私がそなたを脅したとでも伝えれば良かろう、ともかく戦争は今から一月後だそれまではこの国でゆっくりしてゆけ、学園には流石に行ったらまずいだろうがな」

「ははは、まぁそうですね、とりあえず監視をシスティーナにつけさせてもらい、隠れ蓑を用意してください」

「俺からも頼む、流石に同一個体とはいえ、同じところではバレやすい」

「ふむ、良かろうここの王家の森にて小屋があるためそこに住んでおれ、無論食料は渡そう」

「助かる」

《と言う訳だベルフェ、頼めるか?》

(わかったよやってやるよ)

そしたら俺の影から何かが出ていった、なんだ、俺と一体化してたのか

「さて案内しよう」

そして俺はそこの小屋でしばらく過ごすことにした


「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く