転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

学園編第二章 嫉妬への疑問

システィーナ視点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は入試と入学式が同士に行われる日だ私はだいぶ最初の方で試験を受けたから対して気にしなかったが後ろの人たちを見ると凄いイラ立ちがわかった。

『ほんと最初の方で良かった………』

試験自体はすぐ終わった………他の人たちを見る限り合格ラインを軽く超えており、これなら主席も狙えると思ったその時、一人だけ妙な人を見つけた。その立ち振る舞いからして貴族と言うわけでは無さそうだがとても豪華な服を着ており、そしてその人から感じさせる気配は人とはかなり違っていた。

『なんて黒い気配………殺気にも近いけど違う………でもあんなの人が出せるものでは無い………』

そしてその人の番になった

「次!1564番!」

「あの的にお前の最強魔法を撃て!」

「我、嫉妬を司りし者なり、・・・」

『超長文詠唱!?あんなの聞いた事もないわ!?何なのあの魔法!?』

そう、その人物………レヴィアタンの撃とうとしている魔法は常軌を逸しているのだ。

「ギルティスインフェルノ!」

その瞬間的の周りにとてつもなく大きな魔法陣が現れ、的は蒼い炎に包み込まれた、そして大爆発が起き、爆風が吹き荒れた

『あんな魔法聞いた事もない!ギルティスインフェルノ?見た感じ炎と水属性?でも色々とおかしいでしょ!?』

辺り一面焼け野原になっていた事からその魔法の強大さがよくわかる。しかし詠唱の中で気になる物があった。"我、嫉妬を司りし者なり"と言う部分だ。そんな司ると言う詠唱を言えるのはその属性の始祖だけである。それ以外の者なら詠唱中に体が崩壊してしまうのだ。しかし嫉妬の属性など聞いたこともない。何か特殊なスキルがあるのは間違い無かった。

『一度近づいて、あとお父様に報告するべきでしょうね………』

そして入学式………

「やあ!君が噂の化物、レヴィアタン君かい?」

「誰?」

『え?嘘!?私を知らない?なら他国から来た人?』

「これは失礼、私の名前はシスティーナ・フォン・フレーゼ・グランよ、長いからシスティーって呼んでちょうだい」

「分かったシスティー、それなら僕の事はレヴィーとでも呼んでくれ」

『うう、この本名を名乗ってもだめかぁ…ほんとに私を知らないのね……何か悲しい………』

「分かったわレヴィー、しかしどうやったらあんな魔法撃てるの?やっぱ魔法レベルが高いの?」

思い切って質問してみた

「いや、俺が撃てるのはLv.1だけだ」

『嘘付け!なにをどうしたらあんなことになるのよ!』

「物は使い用さ、魔法もそれとおんなじ」

絶対違う!これは断言出来る………

そして入学式が始まった………

そしてそれぞれの教室に行った時に………

「あれ?レヴィーじゃん!」

「うお!びっくりした!何だシスティーか………」

「まさかの同じ教室とはねぇ………」

「まあ、こういう事もあるって」

「何システィー?この男友達?もう男捕まえて来たの?」

「ちちち………違うわよエイm………」

「違う。そんなのではない。ただ今日知り合っただけだ」

『むぅ。何よ!そんな一気に否定しなくてもいいじゃない!』

「ふ〜ん♪まぁそういうことにしておくわ。またねシスティー、そしてイケメンくん♪」

「いや、そういうことも何もそもそもほんとにそういう関係じゃ無いんだが………」

『うう、こうもキッパリ言われると悔しい』

あれ?何でこんな気持ちになるの?

「ほらほら、静かに!HRを始めるぞ!」

「「はーい!」」

「え〜今日の授業は基本無い!だが自己紹介をしてもらいたいと思います」

「では1番から始めて行ってくれ」

「はい」

「え~みんなも知ってると思いますがレヴィアタン・クラウドです。基本全属性に適正があり、特に得意なのは闇属性魔法です。基本嫌いな物はありません。種族は人間種です。気軽にレヴィーとでも呼んでくださいよろしくお願いします」

「は〜い質問いい?」

「いいよ、え~と………」

「エイミーよ。エイミー・ウォン・リンカー」

「了解、んで?エイミー、何かな?」

「その♪レヴィー君には好きな人h」

「いない!」

「え…えっと」

「だから、いない。俺は恋愛には興味無い。」

「わ………わかった」

『へーいないんだ…そうか…そうか…………って何考えてんの私!?』

「じゃあもう一つ質問!人間種ってのは嘘だよね?」

「!?」

「ちょっとエイミー!そんなはずは…………」

「私一応獣人種だからさ〜わかるんだよね。匂いや気配で。さしずめ龍人種か人間種に化けた龍種ってとこ?」

「はぁぁ。わかったよ、ああそうだ俺は正確には龍人種だ。」

そして前に頭の横からデコの辺りにまで伸びた角紅いが現れた

「ほんとに何者だ?何故獣人とはいえそこまでわかる?」

「ふふ♪ナ・イ・ショ♡」

「!?嫌な予感〔ボソ❳」


「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く