転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?

狂乱さん

〈プロローグ〉死亡からの転生?

ただただ不幸な普通の人生………いじめられ…蔑まれ…ただ単に不幸なだけ…それが『俺』の人生だった…………

「チッ、」
そうたしかあれは帰りの雨の日、俺は舌打ちした、今日は帰るのが遅くなったので早く帰りたかったが、生憎天気は大雨、しかも雷雨だ…。今日は傘を持って来ていないからそれに腹がたった
「しゃあねえ、濡れたくねえし面倒だが、走って帰るか…」
『ほんとついてねぇ』、そう思いながら走り出すと…
「ッ!?」
『体が動かない!?いや動かせない!?』、そう、その時多分俺は雷に撃たれたのだ…
『身体が熱いを通り超して痛い、痛すぎる、まるで内臓まで焼かれたかのように息苦しい!?』
いや、実際焼かれたからだろう、このままだと死ぬ、これは直感でわかった
『しかし、呆気ないものだな死ぬというのは……………どうせならこのまま別世界で生き返って全ての属性を操る龍にでもなりたいところだな…そしてもう痛みなんてゴメンだ…身体を液状化させたり硬化させる能力も欲しいところだ……こんな事思えるって事はまだまだ余裕があるようだ…ははは…』
〈承認しました、要望どうりの身体を作成します。〉
幻聴まで聞こえてきた、そろそろ本当にヤバいかもしれない…
『異世界で生まれ変わるなら翻訳能力くらい欲しいものだな…』
〈承認しました、翻訳スキルの作成………成功しました。〉
作成?成功?ちょっと何言ってるかワカラナイ…
意識が朦朧としてきた……もう死ぬのか………ほんと…呆気ないものだ………な
そこで俺の意識は途切れた……

「転生したはいいけど生き返ったら液状ヤマタノオロチとはどういうことだ!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー315954

    اهلا

    0
コメントを書く