話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

勝負のようです①

『次のレースの前に、次の種目の男子50メートルに出場する人は入場門の方まで来てください』

 千沙都と話しているとそんな放送が流れてくる。もうそんな時間か。早いもんだな。

「呼ばれたから行ってくるわ。......コイツ起こして」

「うん、そうね。それにしてもここで寝れるとかどんな神経してるのかしら?」

 そう言いながら武田の頭を叩く千沙都。容赦ないな。だいたい五回ぐらい叩くとやっと武田が目を覚ました。
俺はまだ寝ぼけた様子の武田を引き連れて入場門へ向かった。


 入場門には係の人がよく働いている為か、大抵の人が既に整列を終えていた。
俺と武田が列の方に近づくと、それを見ていたのか係の人が声をかけてきた。

「2人は次の種目に出場する人ですか?」

「そうだけど、どこに並べばいいか分からなくて」

「それじゃあ名前を教えてください」

 「俺は和樹でこっちのは武田」

「和樹さんは前から三番目の列で、武田さんは1番先頭の列ですね」


 係の人に武田と別れ......たと言ってもたかが数mも無いけど、そこに向かうと......。

「まさか、君も同じ種目でしかも同じ列なんて......。運がいいのか悪いのか」

「それをお前が言うのか?えーっと、ひでだっけ?」

「ひでじゃない!しゅうだ!......まぁ、丁度いい。1回戦目には丁度いい種目の様だし」

はぁ?一回戦目?

「ちょっと待て。一回戦目ってのはどう言う意味だ?」

「普通考えて体育祭が終わるまでだろ?そんなのも検討がつかないのか?」

 俺もそう言われたら少しイラッときてしまった。そこまで言うなら徹底的に勝ってやろう。

そして、そうこうしている間に残りの女子が走り終わり、ようやく俺と秀の走る番が回ってきた。


『ここで一つの大目玉!生徒会長の義理の弟!とその弟に勝負を挑んだ生徒会役員の秀の戦いだー!』

 うはー、なんでそのこと知ってるんだろ。学年違うよね?一年の放送部から聞いたのか?まぁ、勝てばいいんだ。

指示に従いスタートの位置につく。そして、スタートの音を聞き一斉にスタートした。






 ゴールすると俺が一番だった。
 そして肝心の秀だが最下位でした。ちなみにゴールしたら速攻「次は負けないからな!」と捨て台詞を吐いてどっか行ってしまった。

 さて、一度自分の団の席ところまで帰るとするか。

「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 木村レイ

    もう出さないのか。。

    0
  • Scardia

    失踪したな

    0
  • ノベルバユーザー217099

    更新プリーズ

    0
  • SIno

    こーうーしーんー

    0
  • SIno

    更新求む…

    0
コメントを書く