話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

体育祭開幕

体育祭当日(日曜日)ーー

平日ならいつもなら教室にいる時間帯だが、今日は体育祭なのですでにグラウンドに集まっている。
にしても...

「以外と体育祭始まるの早かったな」

「まぁ、ここの高校の体育祭って他の所よりも準備期間短いらしいからね」

俺の呟きに千沙都が反応する。そしてポケットの中から一枚の紙を取り出す。

「その割にはここの学校の体育祭って競技結構たくさんあるのよね」

「あー確かにね」

俺も当日配られた紙を見てびっくりした。各自の机に一枚置かれていてそこには自分がどこに出るかがサインしてあった。

「そういえば、千沙都は何に出るようになっての?」

「私?私はね、借り物競争とか50メートル走とかかな。和樹くんは?」

「俺は50メートル走と綱引きと大縄跳びと...早く登れ!ってなんだこれ?まぁこんな感じかな」

いや、ほんと早く登れ!ってなんだよ。

そんな感じで千沙都と喋っていると生徒会の仕事に行っていた姉さんもこっちに来て、その後から直人と武田もやってきて、喋りに加わり話していると...

「和兄さーん!」

観客席の方から呼ばれてそちらを向くと私服のゆずがそこに居た。俺たちはゆずのあるところに向かう。

「おはよう、ゆず。来るの早いな」

「当たり前です。一番いい席で見なくちゃいけませんから」

さも当たり前のようにゆずは胸を張る。すると、視線が自然と胸の方に行ってしまう。

「「和樹くん?」」

「あ、はい。すいません」

姉さんと千沙都の声に思わず誤ってしまった。その姿をみて武田が笑って居たのでとりあえず弁慶蹴っておこう。

『えー、それではそろそろ開始致しますので、それぞれ団ごとに集まって下さい』

楽しく話し合っていると集合の放送がかかってしまった。仕方ない、そろそろ行くか。

「それじゃあまた後でね」

「はい、和兄さん。頑張って下さい!」

ゆずと別れ、団の所に着く頃には殆どの生徒は集まったぐらいだった。

『それでは、今年の体育祭を始めたいと思います!』


こうして、体育祭は始まりを告げた。さて、俺も頑張るとしますか。

「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く