話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

この家にはまともな人は居ないのか?

廊下を移動する時に俺は周りをキョロキャロとしてしまっていた。いや、だってさお高そうな瓶とか飾ってるしよ。まぁ、姉さんも似たような感じになっていたけど。

「こちらでございます」

赤城さんがドアを開けている。もう着いたのか。
俺と姉さんは中に入る。赤城さんは俺達が入ると一緒に中に入りながらドアを閉める。

部屋の中は広かった。例えるなら俺の部屋が2つ入るなってぐらい。

「お嬢様が来るまで自由にお使いください。....ところで未音様少しよろしいですか?」

「え?あ、はい」

姉さんはそう返事をして赤城さんの方を向く。俺もついでという事で話を聞いてみよう。別に俺が聞いてもアウトな話なんてしないだろうから。

「では....お嬢様と未音さまの関係を教えて貰えませんか?」

.......ん?

「えーっと、普通に生徒会長と副会長の関係ですけど...」

「本当にそれだけですか!?」

「は、はい!」

「...はぁ」

赤城さんは姉さんにそう詰め寄ったかと思うと答えを聞いて溜息をついて離れた。そして離れた赤城さんが小声で言っていたのを俺は偶然耳にしてしまう。

「はぁ、お嬢様とアレな関係ではないのですか」

....この家にはまともな人は居ないのかよ!
茜さんが薔薇好きで赤城さんが百合好きって....あぁダメだ頭痛くなって来る。
幸いにも姉さんは気がついてなさそうだからそのまま気づかないで欲しい。

「お待たせ」

その時、いいタイミングで茜さんが帰ってきた。
茜さんが入って来ると赤城さんが「紅茶とお菓子を用意してきます」と言い残し退室していった。

「あ、松崎先輩」

「はい、なんですか?未音」

「私たち以外にも呼んだんだけど...大丈夫でした?」

「それでしたら大丈夫ですよ。私も何人か同級生を呼びましたし。それに...人は多い方が楽しいですからね」

茜さんは笑ってそう言った。

それにしてもまだ外は明るいし時間をどう潰すんだろ?

「まだ時間ありそうなんだけど、どうやって時間を潰すんですか?」

「あぁ、それならーー」

そう言って茜さんは1つの大きい箱の前まで歩いて行った。そして、その箱から

「これをしていましょう」

最近発売されたゲームを取り出した。
さ、流石金持ちだな。

「まぁ、これは私のじゃなくて赤城さんのなんだけどね」

「いや、それはダメでしょ!」

「いいの、それにいつでも使っていいですよって言われてるし」

「まぁ、それなら」

という事で時間までゲームをして過ごす事になった。

「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く