とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

帰宅

現在、部屋に戻り姉さんと一緒にテレビを見ている。もうすぐ9時になるからそろそろ祭りに残ってるメンバーも帰ってくる頃かな?

「和樹」

そんな事を考えながらテレビを見てると姉さんに名前を呼ばれた。俺は姉さんの方を向く。姉さんの顔は少し恥ずかしそうにしていた。なんだ?

「どうかしたの?姉さん」

「えーっとね」

姉さんは何処か気まずそうと言うか言いにくそうに目を背ける。ん?姉さんがこんな態度とるって今まであったか?
姉さんの出方を待っていると、姉さんは俺から見て陰になっている所から1つのペンダントを取り出した。それは?

「その、和樹に受け取って欲しくて...」

そう言って俺の方にペンダントを渡してくる。ヤバイな、姉さんが妙に女々しいと言うかいつもの調子でこないから俺も顔が赤くなるのが分かった。恥ずかしい...

「うん、分かった。ありがとう姉さん」

「えへへ、どういたしまして。それペアになってるやつなんだよ」

と言って姉さんは既に身につけていたペンダントを俺に見せてくる。見比べて見ると...確かにそうだな。

「ただいま」

「ただいまです」

姉さんとの話がひと段落したところで丁度千沙都とゆずが帰ってきた。タイミング良過ぎないか?
まぁ、いいか。俺は部屋に入ってきた2人を出迎えにいった。


「はい、これが私からのお土産ね。未音先輩と一緒に先に帰ったからロクに回れてなかったでしょ?」

「私からのお土産はこれですよ和兄さん」

そういって2人がお土産を渡してくれる。

「ありがとう、2人とも」

俺が2人に礼を言うと2人揃ってどういたしましてと言われた。

「そうそう、私と和樹はもう温泉入ったから2人も早く入ってきなよ」

姉さんが顔だけこっちに向けながらそう言う。2人は準備をして温泉へ行った。
それにしても今日は本当に疲れたな。これなら早く寝れるかな?そう思いながら俺と姉さんは寝る支度を始めるのだった。

結局、就寝時刻は11時過ぎとなった。理由はトランプとかしたせいだったけどね。









翌朝

「いやー、楽しかったね」

帰りのバスの中で千沙都がそう言う。
帰りのバスの乗客は俺たちだけなのであんまり騒がしくしても問題ないだろう。
まぁ、色々あったけど確かに楽しかったな。

「また来年も行きたいな」

俺がそう言うとみんながそんだね〜と言う。
その時、俺の左肩に重みが加わる。視線を向けると隣に座っていた姉さんがすーすーと寝息を立てていた。
昨日寝れなかったのかな?まぁ、退ける必要もないか。
俺は姉さんが起きるまで肩を貸すのも悪くないかな?

こうして、俺たちの一泊二日の海へのプチ旅行は終わった。



「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く