話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

道中

少し時間が経ち晩御飯を早めに取った俺たちは夏祭りに行く支度をして居る。と言っても持ってくのは財布とスマホぐらいだ。
直人と武田の2人には行くと決まった直後にメールを送って、行くと返事も帰って来た。

3人を連れて外に出るともう2人は待っていた。意外だな、武田は遅れるかと思ったんだが。

「あ、本当だもう来た。直人の言った通りだな」

「そうだろ?お前の場合は移動するのが遅すぎるんだよ」

あ、成る程、直人の手引きか。なら納得できる。

「すまん、待たせたか」

「いや、さっき来たばっかりだよ」

そうか、ならよかった。

「それじゃあ、行こうか」

とりあえず混んでなければ案外早く着きそうだな。








歩き始めて5分が経ち始めた頃、人の賑やかな声が聞こえてきだした。

「そろそろ着くぞー...って、あれ?3人は?」

俺は後ろを振り向きながらそう告げた時に姉さん達3人が居ないのに気づいた。
あれ?どこ行った?

「直人は知らないか?」

「ごめん、俺もよく分かんない」

そうか、直人も分からないか。むむ、これはヤバーー

「あ、居た」

「え!武田何処にいるんだ!?」

「あっち」

そう言って武田が指差す。俺はその指が差す所をみる。あ、本当に居た。
3人はとある店の前にいた。正確には入りたいんだけど...!って感じがするな。

とりあえず、3人のところに行くか。



「えーっと、何見てるの?三人共」

ビクッ!

話しかけると三人の肩がビクつく。そして三人は振り向く。

「何してるの?」

「か、和樹くん!?えっと、そのー」

「浴衣を着て見たいな....って」

「そうそう、だけど高いですよねー。話してただけだですよ。あはは」

なるほど、そう言うことだったのか。
うーん、高いのか...レンタルとか出来ないのかな?

「あの、私の店の前でどうかされましたか?」

店の前で話していたからか見知らぬ女性に話しかけられてしまった。ん?私の店の前?ならこの店って!

「え、貴女の店なんですか?」

「えぇ、そうですよ」

これはチャンスじゃないか?とりあえず聞くだけ聞いてみようか。

「あの、この店って浴衣のレンタルとかしてたり出来たりしますか?」

「出来ますよ。一度千円ですけど」

買うよりは普通に安いよな。

「なら、この三人をお願いしますね」

「はい、分かりました」

そう言って三人を連れて女性が店の中に入って行った。

さて、どんな浴衣で出てくるのかな〜。
結構楽しみだ。


「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー35007

    頑張ってください! 応援しています(o’∀’o)

    0
コメントを書く